第99回例会 2014/11/6 大久保地域センター

2014/11/11 7:26 に Admin SBTMC が投稿   [ 2014/11/11 7:36 に更新しました ]
第99回例会は、大久保地域センターにて行われました。
本日は江戸クラブやサンフランシスコからのTMメンバーや初参加の大学生の方々がゲストに来てくださいました。
どうもありがとうございます。
本日のTOMEはKさんです。
Kさんはメンバーがそろわない状況でも、いち早く役割委任に動いていただき、
例会の最初でその変更点を説明してくださったのはさすがでした。
細部に配慮が行き届いていて素晴らしいリーダーシップを発揮してくださいました。
今日の言葉はTさんによる「Creative/創造的」という言葉でした。
 
最初のスピーチはTさんによる「タブーを問う」というスピーチ。
「トピックのリサーチ」というプロジェクトを意識し、
大麻という植物の効能とその使われ方の実情を細かく説明してくれました。
また聴衆に対して投げかけたメッセージはとても説得力がありました。
二番手はTさんの「写真の楽しみ方」というスピーチ。
ご自身の趣味である写真の様々な楽しみ方を紹介してくださり、
とても広範囲な写真の世界をとても簡潔にまとめてくださいました。
プロジェクトの「ポイントを押さえる」という点もクリアしていたと思います。
 
続いてのテーブルトピックは、Hさんの「好き/嫌い」について。
ご自身の好きなところ、好きな/嫌いな言葉、好きな時間のすごし方、好きな国など、
とてもスピーチしやすい質問を投げかけてくれたので、場の雰囲気がさらに明るくなりました。
スピーチの合間にもご自信のコメントを盛り込み展開がスムーズになっていたのは、Hさんならではです。
素晴らしいテーブルトピックマスターでした。
 
日本語論評の部では、代役で務めてくださった江戸クラブのMさんのTさんへの
客観的で的確なアドバイスには大きな気づきがありました。
クラブのメンバーも大きな刺激を受けたと思います。
Mさんは例会後のSさんの全国大会スピーチの際にも貴重なフィードバックをしてくれていました。
どうもありがとうございました。
続いてFさんのTさんへの論評です。
スピーチを振り返り、良い点を細かに挙げつつ、
最後にはトーンや語調を使い分けるというフィードバックをしてくださいました。
 
休憩を挟んで英語の部です。
最初はTさんの1分間スピーチです。
Tさんにとって、初めての英語チャレンジでしたが、
人前で英語を話すという大きな一歩を踏み出してくれました。
これは他のメンバーにとても刺激になります。
そして、Oさんの英語スピーチ、PJは#1アイスブレーカーです。
ご自身の福岡県での生い立ちから、東京に出てきたきっかけと
現在の仕事に至るまでのストーリーをきれいな英語でお話くださいました。
アイスブレーカーでしたが、難なくこなしていたのは驚きました。
我々もOさんのことを知ることができましたし、次回のチャレンジが楽しみですね。
 
論評の部では、経験豊富なHさんがさすがの素晴らしい論評をしてくださいました。
良かった点の中でも特に良かった点を強調し、
改善点はまず着手しやすいものからアドバイスをしていました。
とても次につなげやすいフィードバックになっていたと思います。
総合論評ではTさんが例会の準備、運営、内容に対する評と、
各論評者への的確なフィードバックをしてくれていました。
 
例会後は、Sさんが全国大会に臨むための練習会を開きました。
来週も練習会も行う予定です。
Sさんには11/15は大いに楽しみ満足のいくようスピーチしてもらいたいです。
クラブとしてもできる限り応援しましょう。
そして次回はいよいよ100回記念例会です。
メンバー全員で会を盛り上げ、大いに楽しみましょう!
Comments