第92回例会報告

2014/07/18 6:08 に Admin SBTMC が投稿   [ 2014/07/23 5:10 に更新しました ]
第92回例会が、7/17(木)、新宿GSハイム佐藤ビルで開かれました。本日はゲスト3名のほか、District GovernorとArea25 Governorをお迎えしての豪華な例会となりました。

今回のTMOEはLさんです。今日の言葉はKさんによる「感覚/sense」で、ご自身がTEDで印象を受けたスピーチから選んでくださいました。本日のスピーチは日本語、英語スピーチは1本ずつですが、Fさんによるリーダシップのワークショップと英語での1分間スピーチを取り入れました。

1本目はSさんのアイスブレーカー。「私の青春時代」というタイトルで、Sさんの人生における貴重な出会いとご趣味のカメラのお話をしてくださいました。初めてとは思えない、スクリプトも見ずに大きな声で自信を持ってスピーチされていました。次回のスピーチが早速楽しみです。

続いてテーブルトピックマスターです。前回英語でのアイスブレーカーを行ったばかりのHさんが早速マスターの仕事をこなしてくれました。テーマは「旅行」について。「海外旅行の思い出」、「旅行に欠かせないもの」、「国内旅行の思い出」、「海外で気をつけるべきこと」の4つの質問が出され、時間いっぱいまでイタリアでのお財布盗難の経験をお話くださったWさんがBestを獲得しました。

論評の部はSさんの論評をSさんが行いました。Sさんの話の構成を絶賛されていました。また、アイコンタクトの指摘はとても的確で、分かりやすかったですね。私も実践してみようと思います。

そして、Fさんによるリーダーシップのワークショップ。リーダーシップのプロセス、内容、進め方と取得方法についてお話くださいました。今後、当クラブでも使い方を明確に定義して実践していきます。

英語の部になって、今回初取り組みの1分間英語スピーチを行いました。SさんとSさんが「What do I do in my free time」についてスピーチをしてくださいました。今後はもっとスピーカーを増やして実践していきたいと思います。

英語の準備最初のスピーチはHさんのACマニュアルの朗読スピーチでした。Load of the Ringの一節を約8分に渡って読み聞かせてくれました。情景も思い浮かべることが出来て楽しかったですね。英語の物語を落ち着いて詰まることなく淡々と朗読するのは簡単なことではありません。Hさん、ありがとうございました。

論評はNさんがHさんの朗読するストーリーの選定と朗読するときの姿勢を賞賛するとともに、改善ポイントとしては、Vocal varietyをもっと駆使してみてはと提案してくれていました。

総合論評では我が会長のTさんが、役割の割り当て、例会前の準備や運営に至るまで、的確な指摘をしてくださいました。論評に関しても次に繋がるFBをしてくださいました。

本日のBest EvaluatorはSさん、Best Speakerはアイスブレーカーを行ったSさんが獲得しました。おめでとうございます。そして、Fさんの入会式を行いました。また本日のゲストのうち、1名が入会表明をされました。ここ最近は毎回入会表明をいただいています。会員担当を筆頭とした皆さんのサポートのおかげです。これからも引き続きよろしくお願いします。

例会後は近くの居酒屋で懇親会を行いました。ゲストの方も参加してくださり、とても楽しい会となりましたね。皆さんお疲れ様でした。
Comments