第84回例会報告

2014/03/23 3:27 に Admin SBTMC が投稿
第84回例会が、3/20 にGSハイム佐藤ビルで開かれました。
 
例会には、4人の見学者が来てくれました。また、クラブ創始者のA山さんとエリアガバナーのK木さんが、特別ゲストとして出席されました。今日のTMOEは、いつも会を盛り上げてくれる、愛の伝道師T木さんです。まず、H山さんが、今夜の言葉として、気楽、寛大/Relax, Easyを挙げました。日中の仕事が忙しく、カリカリしていたため、その反省を込めて、この言葉を選んだとのことです。
 
スピーチ1本目は、N尾さんによる、「気持ちスイッチ」。ご自分の失敗の経験を語り、気落ちした心をどのようにしてリカバリーすればよいのか、ユーモアを交えながら、語って頂きました。飄々としながら、ユーモアあふれるN尾さんのスピーチは、いつも楽しくなります。スピーチ2本目は、K内さんによる、「人を思い通りに動かす方法」。大変魅力あるタイトルです。中学受験を迎えた娘さんの学習意欲を増すため、敢えて、「勉強しなさい!」という言葉を控え、娘さんを信じて、辛抱強く待った経験を語って頂きました。お子さんのいる方には、非常に共感できる内容だったのではないでしょうか。F岡さんとS本さんが、それぞれの論評をされました。3本目は、F岡さんによる英語スピーチで、”You need more Japan”。海外の日本食レストランで、味噌汁にスプーンがついてきた経験を話され、日本文化の独自性を大切にすることの大事さを語って頂きました。F岡さんの論評は、A山さんです。久しぶりにA山さんの論評を聞き、クラブ創始期のことを懐かしく思い出しました。A山さん、ありがとうございました。
 
続いて、先日入会されたSH本さんが、初テーブルトピックマスターに挑戦されました。医療業に携わるSH本さんは、「筋萎縮症」のことを説明され、身近な人や自分が難病になったとき、どう対処するかという、質問をしました。重たいテーマですが、私たち皆が直視しなければならないことであり、考える大変良い機会でした。
 
その後、いつも楽しいスピーチをしてくれるY沢さんが、「スピーチ作成を楽しむために」というテーマでワークショップをしてくれました。3つのS(Simple, Straight, Story)をキーワードに、気楽に楽しむことが、楽しいスピーチを作るうえで大事というお話、毎回スピーチネタを考える時に頭の痛い思いをしている私にとって、大変参考になりました。最後に、久しぶりに出席されたY成さんが、総合論評で例会を的確にまとめてくれました。ベストスピーカー賞はK内さん、ベスト論評賞はA山さん、ベストテーブルトピック賞はH山さんでした。
 
内容の多い例会でしたが、TMOEのT木さんの見事なコントロールで、盛り上がりつつ、時間内に終わりました。最後にゲストの方から入会宣言があり、二次会も楽しく盛り上がりました。

Comments