第64回例会報告

2013/05/27 5:01 に Admin SBTMC が投稿
今夜のトーストマスターは会長でもあるF岡さんでした。
5名のゲスト(最終的に6名)を迎えて始まりました。今夜の言葉は出張で東京を離れて戻って来たときに東京の風景が立体的なのが印象的であるとW辺さんからで「立体的な/three dimensional」でした。
今日は役員選挙があるため、準備スピーチはいつもより少し少ない2本でした。前半の日本語スピーチは「上級マニュアル物語を語る」の5本目、「歴史上の物語」がスピーチ目標です。「シシィ」のタイトルでI田さんによる皇女エリザベートについての臨場感たっぷりのスピーチでした。I田さん5本目終了、ベスト賞獲得おめでとうございます。
テーブルトピックスマスターはピンチヒッターでF岡さん、GWつながりのお題です。「GWで特別なこと」はS藤さんが、「過去のGWを振り返って印象的なエピソード」をT石さんが、「GWにしたいこと」ではゲストのO辺さんが答えてくれました。せっかくのGW登山が雨でずっと友人と二人でテント生活だったというエピソードでT石さんがベスト賞を獲得されました。
I田さんへの論評はK藤さん。てきぱきと良い点、改善点をあげられ、納得の論評でした。
後半の英語スピーチはH本さんによる基本マニュアル3の"Get to the point"を目標とした”20"というタイトルのスピーチです。なにが20なのかな~と思って聞いていると、びっくりしたことに新宿バイリンガルの会員数についての話でした。教育担当としての想いを話してくれました。笑いあり、ちょっとしんみりありと、H本さんらしいスピーチでした。
H本さんへの論評は英語論評初めてというH山さん。どうしてどうして、時間がない中で初めての論評にありがちなよけいな言葉もなく、終始冷静に論評しておられました。
総合論評はT石さんがリラックスしながらもしっかりと最後までまとめあげてくれました。
役員選挙では無事に役員7名が選ばれました。
最後のゲストコメントでは全ゲストが「前向きに」考えて下さるとのこと、涙の出そうにうれしいコメントをくれました。メンバーの参加人数は選挙がぎりぎりできる人数でしたが、中身の濃い例会ができました。(K内)
Comments