第60回例会報告

2013/04/19 23:01 に Admin SBTMC が投稿   [ 2013/04/19 23:19 に更新しました ]

 
第60回例会が3月21日、新宿3丁目貸会議室で開かれました。今夜のTMOEは、スムーズな進行に定評のある、ベテランN島さん。まずは、K代さんから、今夜の言葉の発表がありました。今夜の言葉は、眠らない街新宿にふさわしく、「エネルギッシュ」。

まずは、日本語の部。日本語スピーチ1本目は、T橋さんで、タイトルは「日本人」。日本人であることの自覚を持っていますか?との問いかけで始まり、日本人としてのアイデンティティを保つため、日本文化を知る必要の重要性を語っていただきました。

スピーチ2本目は、M枝さんで、タイトルは、「言霊」。言ったことが実現してしまうという迷信が、日本だけでなく世界中にあることや、言霊を正しく使うには、名前を使う必要があることを説明されました。このスピーチを最後にしばらく休会されるM枝さんは、ご自分の言霊として、「新宿バイリンガルトーストマスターズクラブに戻って来る」という誓いをされ、満場の喝采をあびました。

スピーチ3本目は、Y成さんで、「日本一より世界一、世界一より自分一」。記念すべき10本目のスピーチです。自分中で一番というものを見つけることにより、自信を持って生きていこうという強いメッセージは、聴衆を鼓舞するというスピーチの目的に合致したもので、素晴らしいものでした。おめでとうございます。

休憩の後は、英語の部です。英語スピーチ1本目は、T沢さんにより、"filial piety"。矯正施設における医療業務に従事された経験を語って頂きました。普段伺くことののできない世界の話は、非常に興味深いもので、また、親孝行によせる気持ちには、心を揺さぶられました。

スピーチ2本目は、H山さんによる、"Shoku"。合言葉、「まごはやさしい」をキーワードに、健康的な食事を説明して頂きました。美容によいヨーグルトを加えた独自パンレシピは、試してみたいという気持ちになりました。

ベストスピーカー賞は、H山さんが、ベスト論評賞は、T橋さんの論評を行った、O原さんが受賞しました。おめでとうございます。
スピーチ5本という盛りだくさんの一日でしたが、N島さんの適切な進行により、例会は時間通りに終了しました。

Comments