第19回新宿バイリンガルトーストマスターズクラブ例会

2011/07/24 5:14 に Admin SBTMC が投稿   [ 2011/07/24 5:16 に更新しました ]
7月7日(木)19時10分より、新宿3丁目貸会議室で第19回新宿バイリンガルトーストマスターズ例会が行われました。
七夕の夜に素敵な時間を共有することができました。
 
今夜のトーストマスターはK池が担当しました。前半は日本語例会。今夜の言葉(Word of the
Evening)はT下さんで、"chage 変化"。
 
新入会員さんが増えてきましたので、今回は新入会員オリエンテーションを企画してもらいま
した。1、トーストマスターの歴史と組織体系についてO原さん。2、トーストマスターの教
育プログラムおよび例会の役割とそれぞれの目的についてK田さん。3、メンター制度につい
てF岡さん。4、トーストマスターから得られるものT石さん。5、クラブテーマについて会長
F山さん。
 
休憩を挟んで後半は英語の部です。スピーチは2本。最初は始めての準備スピーチ、デビ
ュースピーチです。S下さん。題は“self definition”。信じられないほど堂々とした英語スピーチ
でした。もう1本は、3つ目のプログラム準備スピーチ。ポイントを押さえる。T口さん。題
は、”To be ready for future discussion”。まさに、この時期ぴったりの時事ネタ。さらに非常に
良く組み立てられたスピーチでした。
 
テーブルトピックスはY成さん。初めてのテーブルトピックマスターでしたが、落ち着いて進めていました。
そして論評では、I田さんとK野さんがそれぞれのスピーカーに的確な論評をされ、ベスト論評賞をI田さんが受賞されました。
 
最後の総合論評は、K田さん。見本となるようなまとまりのある総合論評をされました。


 
オリエンテーションを含め、大変盛りだくさんの内容でした。転勤によるお別れが2名いら
っしゃったので、会終了後送別会でした。本当にお世話になりました。楽しい仲間としてまた
ぜひお会いできる日を楽しみにしております。

(今夜のトーストマスター K池)
Comments