第178回例会

2018/02/16 6:25 に Admin SBTMC が投稿   [ 2018/02/26 6:16 に更新しました ]
今回は、インハウススピーチコンテスト(日本語)を開催しました。

左から、コンテスト委員長、出場したスピーカーです。
スピーチ後に、参加証を授与され、揃って記念撮影「笑顔」でポーズ!

エリアコンテスト出場者2名を選出した後の記念撮影「変な顔」でポーズ!


 

2月15日の第178回例会は、前半に日本語での春期インハウスコンテストが開催されました。

 

日本語セッション>

コンテスト参加者は3名、TMOET田さんから進行を任されたコンテスト委員長のY沢さんがあみだくじでスピーチの順番を決めました。

 

最初スピーチはO津さんの「自国を深く知ろう」

明治天皇の話から明治神宮のおみくじの話まで通訳案内士の資格を持つO津さんならではの興味深い内容でした。自分たちの文化を異文化の人に伝える大切さに改めて気がつきました。

 

2番目のスピーチはS本さんによる「回り道」

人に認められるには自分が他人を認める事が大事と気づいた過程を回り道にたとえました。ご自身のエピソードから回り道は決してムダではなかったと力強いメッセージが伝わりました。

 

最期のスピーチはH本さんの「頼まれる事」

過去数回のスピーチは依頼されてする事が続き、今回のコンテストが久しぶりに立候補してのスピーチとの話から始まりました。頼まれた事でも「苦しい」から「楽しい」に変わる瞬間があるというお話が印象的でした。

 

インタビューアーのT田さんが聴衆が聞きたいであろう内容を上手くスピーカーから引き出していました。

コンテストの結果1位はS本さん、2位はH本さん、O津さんは残念ながらタイムオーバーとなってしまいました。

エリアコンテストに進むお二人のご活躍が楽しみです。

 

<English Session> 

A prepared speech was given by TM N from Omotesando TMC,  titled “Encouragement”. 

In her speech, TM N told an importance of smile through her experience in India.

Her host mother advised her to make a smile when she felt down.

She didn't recognize the power of smile at that time.

Few years later after coming back to Japan, when she encouraged her mother, she said same thing "SMILE" to her mother. She delivered clear message to us.

 

In evaluation session, TM S mentioned two good points.

1. Simple and short sentence made us easy to follow.

2. Conversation was effective and realistic in her speech.

As a improvement area, he advised her about his speech objective, vocal variety.

 

TM H as a Table topic master made 4 questions which were related prepared speeches. He asked 3 questions to guests and it's good that everyone had opportunity to talk.

 

Lastly the today's word was "Gain insight", ”洞察を得る” in Japanese.

I listened a lot of today's word during the meeting. 

 

The above report was written by TM Y.

 




Comments