第171回例会

2017/11/10 21:58 に Admin SBTMC が投稿   [ 2017/11/12 3:38 に更新しました ]
English sesssionでのスピーチの様子(Title:"Do you read books?" by TM Y) 

Table Topic Session での様子(スピーチが終わって、各スピーカーの所要時間の結果を確認)

表彰式後の様子(今回は賞状の準備がなかったため、もらったつもりで撮影。左からベスト論評者、準備スピーチでのベストスピーカー、テーブルトピックでのベストスピーカー、TMOE(Toast Master of the Evening)   

更に、受賞者3名とTOMEのくだけた様子

【第171回例会報告】

 

171回例会は、11月9日、新宿コズミックセンターにて開催しました。

今回は、新規のゲスト3名に加え、エリアディレクター23のTさん、千代田TMCからFさん及びRさんを迎えて、当クラブのメンバー8名が出席し、総勢14名で実施しました。

 

まず日本語の部からスタート、TM Y会長、TM T副会長が欠席、副会長TM Gが遅れて到着となり、副会長である広報担当のTM Oが急きょ会長代行を担い、開会宣言及びゲスト紹介を行いました。

その後、ゲストも含めて、24時間以内に起こった良いこと又は新しいことについて、皆で共有する「Good & Newを輪になって行いました。

 

次に、今夜のトーストマスター(TMOE)であるTM Sさんにバトンタッチ。TM Sさんは11月上旬に開催された全国ほら吹きスピーチコンテストの英語の部で、約1週間前に司会者が担えないこととなり急きょの指名で大役を務めることとなったとのことでした。その際に、「迷ったらGO!でしょ」と言われて引き受けたこと(TM Sさんが全国大会の日本語スピーチで披露したタイトルに引っ掛けたジョーク)、また当日にDo you like 〇〇〇?でYes or Noで皆に質問し、盛り上がったところ、Do you like Natto?と言って笑わせたこと等も後日談として述べられ、場を温めてから始まりました。

続いて、今夜の言葉は、エリアディレクターのTさんから。ほら吹きスピーチコンテストで司会を務めたTM Sを讃える意味も含め、貴重な(日本語)、valued(英語)の提示がありました。さらに、当日の役割を担ったメンバーがそれぞれ自分の役割紹介を行いました。

 

最初の準備スピーチは、CCマニュアルプロジェクトを達成したTM KさんがAC情報を伝えるためのスピーチとして『世論調査の見方』というタイトルでスピーチを行いました。

政治に関するアンケート等は信頼できるのかと疑問を呈した後、選挙の速報で当選確実ということが言われるが、それは出口調査を行って出た結果からの想定で、郊外まで含めての調査なので偏りがない。ではそれなりの大きさであれば大丈夫であるかというと、対象が全般的に網羅されているか否かによるとのことでした。1936年に行われたアメリカ大統領選で競ったルーズベルト(民主党)とランドン(共和党)の例を挙げて、いきなりダイジェストは240万人の富裕層である雑誌の読者を対象にし、一方のギャラクシャは3,000人だったが郊外在住者にも調査を行ったことから、調査数は少ないが予想結果が当たったのは後者であったとのことでした。世論調査は、表面だけで見るのではなく、どのような対象者に実施したかを見ようということでした。

続いて、千代田TMC Fさんが『あなたをプロフェッショナルにする3つの言葉づかいPart2』と題して、プロフェッショナルに求められるものは何かについて、言葉の使い方に着目したスピーチを披露されました。

「・・みたい」⇒「・・ようです」、「・・・つもり」⇒「・・・します」、「すいません」⇒「失礼します」又は「ありがとう」という方がプロフェッショナルに聞こえる。そしてプロフェッショナルとは、オーナーシップ、責任感があることと持論を述べられました。

 

続いて、TM Kさんへの論評は、千代田TMC Rさん。世論調査を題材にしたのはいいタイミングであり、我々の世の中に関わる問題であると一言述べて、世論調査の見方をテレビニュースやアンケートから分析していること、前回のアメリカ大統領選にも触れられた後に、3つの良い点(①役に立つ情報である、②質問の仕方やポーズの取り方がよい、③アメリカの例の比較を行った)をあげられました。また改善点として、時間の制約がある中では、ビジュアルエイドは事前に貼っておいた方がよいというアドバイスがありました。

千代田TMC Rの論評は、最初から最後まで流れがよくスピーチを聞いているのかと思わせる論評で、プロジェクトの目的への言及のほか、前回のアメリカ大統領選にも引っ掛ける余裕も見せられ、内容がよくまとまっていました。

千代田TMC Fさんへの論評は、TM Hさんからでした。このスピーチの内容を持ち帰ると実践ができる、タイトルではpart2となっていたが、part iの種明かしがあったのでその疑問が解けた、最初に自己紹介がありその導入が素晴らしかったと絶賛されました。

TM Hさんの論評では「じゃ~」、「ほくにも・・」など、プロフェッショナルな言葉とは言えない表現があったことが気になりました。

TMC Fさんのスピーチは非常に素晴らしいものでした。締めくくりのオーナーシップ、責任感があることがなぜプロフェッショナルと言えるのかについての説明を更に行っていただければ説得力が増したと思いました。

 

After a short break, we shifted to English session. 

 

TM S also introduced several members who are going to help today’s activities, timer, grammarian, Ah-counter and meeting reporter.

 

The first prepared speech was given by TM Y, titled “Do you read books”.  In his speech, TM Y told us the audio service of “Book Lovers” is valued for us showing three good points: availability of multi- tasks during using the audio service, speed control of the service depending on your situation and good contents of the service program. He mentioned he had experienced to drive a car to Nagano and Niigata listening the service program of Book Lover. He also informed us of the several programs such as Rakugo, Novel to make us understand what Book Lover is.

 

Concerning the table topic, TM I asked the first question, ‘How do you attract guest to join our club?´ to Area director TM T.  Next, he asked any memorable trip to another countries to one of new guests and any advice not to catch a cold to another guest.

 

The evaluation for TM Y’s speech was done by TM G. She made very pertinent remarks touching upon the content of his speech. She said that as we have a same problem about how to manage time, he informed us of good tips to solve the problem and his performance using IPAD supported his idea to understand the audio service

At the end, she did good suggestion - Driving a car listening the Book Lover’s program is not good in relation to the situation of using mobile phone.

 

I, TM O, today’s general evaluator expressed my opinions referring to three evaluators’ comments and three speakers’ remarks, table topic masters and TMOE’s procedure and performance.

 

Lastly, we reported the best speaker of the table topic, TM T, the best evaluator of TM R and the best speaker of TM F.

 

 

This time, we had welcomed honorable six gusts and had a great time together with them.

Through the whole session, it seemed that TM members’ skills in delivering speech and making comments toward speakers have been going up. We wish further cooperation and development for Shinjuku Bilingual TMC.

 

Next meeting which is a joint event with Chiyoda TMC will be held on Nov 16th at Kumin-kaikan in Kand Park.  More members are expected to join the meeting. And also more guests are welcome!

 

The above report was written by TM O.

 




Comments