第159回例会

2017/05/19 18:48 に Admin SBTMC が投稿   [ 2017/05/30 6:08 に更新しました ]

[The 159th regular meeting report]

First half part: English session

 The 159th regular meeting was held at a meeting room of Ookubo Sports Plaza.
We started the meeting from the English part this time. The vice president of Shinjuku Bilingual TM Y called the meeting to order and welcomed eight fellow TMs, esteem four guests.
After that, the vice president introduced TM S charged with the toast master's role of tonight (TMOE). And he passed TM S a baton of today’s main procedure.

There was an explanation of tonight’s word “iffy” in English and “微妙” in Japanese from  TM K.
Next, TM S introduced respective roles necessary for speech and evaluation (Timekeeper, Vote Counter, Grammarian, Ah-counter, Meeting Reporter) 

We proceeded a prepared speech session.
The first speaker, TM Y made an ice breaker speech that means his first speech by the title of "Minority”.
He described himself of typical normal person who was born as one of three children in the suburb of Saitama, did club activity and studied subjects but did not deal with them well in his school days.
He added he changed himself by the chance to meet a minor sport, Sepak takraw which was popular among people in Malaysia and Thailand.
When TM Y watched one Sepak takraw’s player on TV, he was very impressed by the minor sport such as an acrobat show. He became a member of Sepak takraw’s club at University and his team won the first prize in Japan because one high skilled student of the club contributed to the victory.

TM Y concluded his speech by such a remark that what you think something of the minority is not minority, you can extend it into specialty from a point of view. 

The second speaker, one of esteem guests, TM N made a humorous speech by the title of "Be a professional.
At first he introduced an emergent situation on the airplane that a person became ill, and then flight attendant asked a call ‘Help a doctor here? We need a doctor to help him”. Then, one doctor on the airplane, such a medical professional came near to deal with the patient.

TM N told us that his dream was to become a professional worker like a doctor, but such a dream is far from the real situation that he works as an insurance worker, receiving customers’ claims on the telephone and dealing with them on daily basis. He sometimes had an idea to quit the job.

One day, TM N got a call from one house owner to ask him questions related his job and was told “Please give me a professional advice”. Then, he noticed his insurance job would be regarded as one of professional jobs and became to work harder than before, memorizing necessary words for his job, figuring out 400 clients information and dealing with customers’ calls.

At the end of his speech, he conveyed us his strong message” Be a professional” through his own experience.

 After two TM’s prepared speech were carried out, the evaluation session followed.
The first evaluator, TM K praised TM Y was able to complete the first speech without any notes and convey  his message, what he wanted to say to today’s participants. TM K gave him an advice, “To be confident”.

The next evaluator, TM T also applauded TM N’s good introductory performance, making use of gesture and  changing the tone of voice. TM T also pointed out TM N’s improvement that he did not emphasize on the speech project, “Make them laugh”.

(後半:日本語の部)

休憩の後に、日本語の部へ移りました。
今日は、準備スピーチが1本、TM Yさんから、意味深な題目「二十歳からのお付き合い」が披露されました。
導入部分は、「20歳から付き合っている彼女がいて、別れられないのです。あなたは一生の彼氏、彼女はいますか?」と問いかけ、その後、缶ビールを突如出しワイングラスに注ぎ、皆の前で飲むという実演付きのスピーチでした。

学生時代に、サッカークラブで後輩からビールを飲まされ、吐いてまで飲んだという慣習の中で、ビールが大変好きになったこと、そしてビールによって、眠れない時に飲んで眠ることができたり、酔いのパワーで彼女に電話をかけたりできたというメリットを、一方で終電を逃したというデメリットをあげられました。

とにかく好きで別れられず、長年の付き合いを続けているのが、人ではなくビールであるというのが、ユニークな視点のユーモアがあるスピーチでした。 

続いては、テーブルトピックのセッションへ移り、TM Tさんが登場。
最近のニュースでフランス大統領選挙において大統領になった同じ39歳のマクロン氏のこと、鎌倉でお坊さんの話を聞いたが「ざるに水を灌ぐようなもの」で忘れたりするとのこと、さらに社員面接を受けたことなど、ご自身の近況に触れたうえで、参加者に質問が投げられました。
その質問については、「これから管理職になっていくのに必要なものは何か」、「部下をどう指導するか、後輩を指導するうえで心がけていることは何か」といった仕事上のことでした。
導入しかり、ご自身の日頃の関心が垣間見えるトピックを選ばれて、スムーズに進行されていました。
前者の質問に対し、TM Hさんは「リーダーシップ」、後者の質問に、TM Tさんは「現在部下はいないが、自分の経験を教える。」とのことでした。 

続いて、論評の部へ移りました。TM Yさんの論評者は、TM Hさんでした。
缶ビールを出して、20歳から付き合っていて別れられないといった導入部が、非常に聴き手を惹きつけ、ベテランのYさんならではのスピーチだったと述べられました。一方で、Hさんはお酒が苦手でビールの良さがわからないことから、クラブ活動でビールを飲まされ、また吐いて飲んでというのがあったのに、好きになったというのが、何故なのかよくわからなかったと率直な指摘をされました。

 

最後に、総合論評者から。

今回の例会は、出席者8人でゲストが4人と、会員が少なく、アンバランスな状況でした。
また、TM N会長が不在の中、副会長がその代役となり、時計係、本日の言葉、文法係、えーとカウンターの役割についても、数日前、あるいは当日に決めて行うという、非常に会の運営自体が危ぶまれた回でした。英語の準備スピーチでエリアディレクターTM Nさんにおかれては、お忙しい中駆けつけていただき、本例会に華を添えていただき、感謝いたします。

数日前にスピーチを依頼されたとのことでしたが、多種の効果的な要素が散りばめられ、メッセージが強く伝わるProfessional speechに心が動かされました。

総合論評の私も、数日前にスピーチ又は総合論評をとの依頼があり、さすがにスピーチは準備が厳しいため、総合論評の役割を引き受けました。役割を担うのに、日中忙しかったこともあり仕事モードが残っていて心構えが十分ではなかったと反省しつつ、出席者の英語スピーチ、その論評、日本語スピーチ、テーブルトピック、日本語スピーチの論評と、続けて注視し聴きました。

新宿BTMCでは、レポート作成も総合論評者の役割であることから、総合論評者は、全部に耳立てている必要があると改めて認識をした次第です。非常に、学びになりました。

最後に、聴いて見てみたいと来られるゲストが増えている中で、その目的に合った例会を披露するのが、会員の役目だと思います。

新宿BTMCの皆さん、可能な限り時間をつくって参加をし、また役割分担の決定を含め、スケジュール管理を徹底していきましょう!

By TM Otsu

Comments