第130回例会

2016/02/25 7:19 に Admin SBTMC が投稿
第130回例会は、2月18日、大久保地域センターにて開催しました。
新たなゲスト2名を迎え、出席者は総勢で15名でした。今回は日本語の部からスタート、TM HS会長による
開会宣言及びゲスト紹介がありました。その後、今夜のトーストマスター(TMOE)の役割を担うTM Sさんを紹介し、
新たなメンバーとなったTM Mさんの入会式を行いました。

いつも全員で輪になって行う“Good and New”では、参加者一人一人が、24時間以内に行った良い出来事や
新しい出来事を共有しました。次に、今夜の言葉は、TM Nさんが「わくわくすること」(Exciting)を提示しました。
本例会では初スピーチを行うメンバー、初の役割を担うメンバーなど初もの揃い、かつコンテスト出場者のスピーチを控え、
わくわく感で始まりました。

最初の準備スピーチはTM Tによる「3つの職業」。2年前に会社を辞め独立を果たし、現在は
フリーランスという名のもとで、3つの職業(①英語教育、②不動産取扱い③介護)を担っているとのことでした。
アメリカで修士号を取り教育が自分の天職であると自負されていた中で、約5年前に倒れられたご家族の介護という
予期せぬ出来事に自分の立ち位置も変えてこられたようです。こうした経験から感謝することを学び、
聴衆に「最近あなたは仕事から何を学びましたか?」との結びの言葉はずっしり胸に響くものがありました。
アイスブレーカーとは思えぬ、堂々とした態度で、スピーチの構成も練られたものでした。

次に、春季コンテストスピーチに出場するTM Kさんが、それに向けてスピーチの練習を行いました。
続いて、TM Tさんのスピーチの論評はTM HSさんが冒頭で「新宿に新しい星が出た、アイスブレーカーとして
パーフェクトなスピーチだった」と絶賛し、その後ポイントを突いて具体的に説明され、更に聴衆へ共有の
得られる投げかけをと、より質を高めるようなアドバイスをされていました。TM Oさんへは出席者全員が
それぞれ、辛口な、それでいて温かなコメントを述べ、フィードバックを行いました。


After a short break, we shifted to English session. Concerning the table topic,
TM H asked us some experiences of catching flu or allergy and the way of preventing flu. These are 
good questions at the right time. He went forward the questioning smoothly judging from the audiences’ situation.
Three speakers including a guest and a new member shared experiences and ideas with us.

The first prepared speech was given by TM G, titled “May the “forms” be with you”. In her speech, 
TM G told us why she had an interest in English and how she tried to cultivate her comprehensive ability in English 
during her living in the United States. Especially she showed the insight drawn from some experiences of writing essay in 

specified requirement and CPFM exam – the importance of “forms”.  She delivered the speech very smoothly 
from the beginning to the end and paid attention to using key phrases and humor. The second English speech 
was given by TM LT who is going to participate in the next Toastmasters speech contest. 
He worked hard to draw attention from audiences controlling his voice volume, pitch and gestures effectively. 

The evaluation for TM G’s speech was done by TM KH. He made very balanced and pertinent remarks 
concerning both good and improvement points. His evaluation furnished us with the manner and method to inspire speakers. 
The evaluation for TM LT’s speech was done by some voluntary members. They provided some hints and ideas to TM LT 
for the English speech contest. 

General Evaluation was provided by TM AO.  She took the role of general elevator for the first time. Lastly, 
we reported the best speaker of the table topic, TM P. This time, we didn’t so much care about the time management. 
It is important for us to keep time limit and take time flexibility in the parts of two sessions. 

Please pay careful attention to that point. Through the whole session, it seemed that TM members’ skills in 
delivering speech and making comments toward speakers have been going up. We wish further cooperation and 
development for Shinjuku TM.

Next meeting will be held on March 3rd at Shinjuku Cosmic Center.  We are going to have a regular meeting. 
In this season, most of members seems to be busy on business and so on. However, more members are expected 
to join the meeting. And also more guests are welcome! 

The above report was written by Otsu.
ą
130.JPG
(93k)
Admin SBTMC,
2016/02/25 7:20
Comments