第102回例会

2015/01/10 2:19 に Admin SBTMC が投稿   [ 2015/01/12 4:40 に更新しました ]

102回例会が、1218日四谷地域センターで行われました。

年の瀬迫る例会で、メンバーの出席者はやや少なめの10名でした。

しかししかし、トースト以外のゲストさん6名と、

他クラブのゲストさん2名の合計8名が例会を大いに盛り上げてくれました。

しかも1名はマカオから来日中、わざわざ私達のクラブを選んで来て下さいました。

とても光栄な事です。

それでは今夜のTMOEを、新宿の英語ビギナー、私S本が務めさせて頂きます。

本日は第3木曜日のため、日本語始まりです。

日本語による最初のスピーチは、O津さんによるCC#2”スピーチの構成です。

題名は「予想しなかった展開・・・プライベート編(道は続く)」。

タイトルからも分かるとおり、前回のアイスブレークの続編といった感じで、

福岡県から出てきてからの東京での暮らしについてを話してくれました。

そして最初の証券会社でのバブリーな経験と、現在の役所での質実な生活との対比、

書道に打ち込んで師範になった話など、スピーチの構成をよく考えながら、

ご自身の体験を分かりやすく話してくれました。

続いてO津さんへの論評です。

今日は日本語スピーカーが1名のため、スピーチの後すぐに論評という、難しい状況でしたが、

S藤さんが果敢に取り組んでくれました。

続いては、テーブルトピックの部です。

今回のマスターは初挑戦のT橋さん、テーマは「クリスマス」でした。

子供の頃、青春時代、来週といった時間軸でのクリスマスの思い出や、楽しみ方を語って貰いました。

それでは5分間の休憩タイムです。

今のうちにお手洗いに行ったり、飲み物を取りに行ったり出来ますよ。

After the short break,  the English session started.  

The first speaker was TM K-mura, the drunken Angel of Shinjuku.  

He gave a speech titled "Experiment", following a project CC#5, "Your Body Speaks". 

He gave a general review about a scientific experiment

and then talked about his own experiment on cooking recipes with a lot of gestures.  

His speech technique was splendid because he spoke in such a way 

that everyone could easily follow, even though his speech story was a little difficult.   

His theme was that we can learn something from a challenge even when we fail the challenge itself.  

He urged us to try something new and learn from a failure.

The last speaker was TM H-moto.  

His speech project was AC#5” interpreting poetry” 

and his speech title was ”Invitation to the World of English Poetry”.  

His speech objective was rather hard to achieve, that is “To recognize how poets use imagery,  

rhyme, meter, cadence, and rhyme to convey the meanings and emotions of their poetry”. 

He read some beautiful English poems aloud slowly 

so as to make sure we enjoy every word by hearing exactly what the poets wanted to tell us.

The speech session was over and we moved on to the evaluation session. 

In the session, TM H-Yama and I, the Camp de Hoy of Shinjuku, 

gave comments for TM K-mura and TM-Hashimoto respectively. 

For a speaker, to be evaluated is very helpful to improve his next speech.

Finally, we had an awards ceremony.

The best Table topic speaker: TM N-gawa from Kichijouji TMC.

The best Evaluator: TM S-tou.

The best Speaker: TM H-moto.

Congratulations guys on your awards!

Comments