第6回例会報告(11/18)

2010/12/05 3:39 に Admin SBTMC が投稿
11月18日、第6回新宿バイリンガルトーストマスターズクラブ例会が開催されました。
この日も4人のゲストをお迎えし、盛況の例会となりました。

この日の「今夜のトーストマスター」は、第1回からほぼ毎回ご参加くださっている、東京インターナショナルトーストマスターズクラブのI崎さんでした。スピーチ3本のうち日本語スピーチ2本がアイスブレーカー(新会員が最初に行う自己紹介スピーチ)となり、フレッシュな例会でした。

日本語スピーカーの1人目、K内さんは、「私の仕事~過去、現在、未来~」という題で、ご自身の職業や、これまでのキャリアの経緯について、細やかな描写と共に話されました。 このレポートの筆者含め新宿バイリンガルの女性会員は皆仕事を持っているため、特にK内さんの女性とキャリアに関するお話は、職業は違っても共感度はとても高かったのではないでしょうか。 2人目のスピーカー、T田さんは「おひとり様」というタイトルで最初はやや堅めのな内容のスピーチ?と思いきや、おひとりさま海外旅行でのトラブルや、AKB48のコンサートに行った時の珍体験など、ユーモアコンテストに出られるのではないかと思わせるような楽しいスピーチでした。 英語は、F山が"Japan: the Land
of Sustainable Businesses"という題で、「外国人向けに、世界一のサステナビリティを誇る日本の老舗と、老舗企業が日本で長続きする要因について説明する」という設定でのスピーチを行いました。本スピーチは昔別のクラブで行ったことがあるのですが、最近統一テーマとして取り組んでいる「外国人向けに日本の優れた文化を説明する」という設定にアレンジし直しました。

この日は、2回目のご参加となったK野さんが入会表明、末広がり・8人目の会員となりました。他のゲストも全員懇親会に参加するなど前向きな反応をいただき、今後のさらなるクラブの成長が予想されます!