第4回例会報告(10/21)

2010/11/07 3:28 に Admin SBTMC が投稿   [ 2010/11/07 3:59 に更新しました ]
10月21日、第4回新宿バイリンガルトーストマスターズクラブ例会が行われました。例会には10人近くのゲストをお迎えし、会場が満員に近い大盛況となりました。

この日の例会は、O原さん(桜坂クラブ)が総合司会(今夜のトーストマスター)を務められました。ハロウィン直前例会ということで、数名が仮装を行い、雰囲気を盛り上げました。 席が足りなくなりそうになったり、お茶が出てくるタイミングのことなど不測の事態もありましたが、ベテランO原さんを中心に、進行中落ち着いて対応されました。











今回は英語スピーチ2本、日本語スピーチ1本とテーブルトピックスの組み合わせでした。英語スピーチでは、M本さんとF原さんがスピーチを行いました。4回連続で新宿バイリンガル例会にいらして下さっているM本さんは、水泳を行うこととストレスへの効用などについて話されました。ま

た、F原

さんは10月31日に行われた、ユーモアスピーチコンテストの練習としてスピーチを披露されました。後日談ですが、F原さんは新宿バイリンガルでの成果あってか、見事地区大会(ディビジョンA = 東京北・埼玉・北関東・東北)にて優勝され、11月21日に熊本で行われる全国大会に出場されます!



日本語スピーチは、F岡さんが「正義の話をしよう」というテーマでのスピーチでした。マイケル・サンデル教授の哲学講義で有名な同タイトルですが、F岡さんのお父様の仕事について、深長な内容のスピーチをされました。テーブルトピックスは設立会長のF山が、仮装(学生服)にちなんで、「学生時代に戻れたら」というテーマでの質問を行いました。今回の例会全体については、Cさん(日本橋クラブ)によって論評が述べられ、無事終了となりました。


例会終了時に、2回目にご見学だったSさんが入会表明をされ、即日入会式を行いました。次回は前回入会のT石さんと併せて2人のアイスブレーカーを予定、9月に比べてもだいぶ例会にゆとりや活気が生まれてきました!