第13回新宿バイリンガルトーストマスターズクラブ例会

2011/03/10 6:17 に Admin SBTMC が投稿


3月3日、第13回新宿バイリンガルトーストマスターズクラブ例会が「喫茶室ルノアール 新宿ビックスビル店」で開催されました。
例会は5人のnon- TMゲストにお越しいただき、他のクラブからは3人のサポーターおよびTMゲストにお越しいただきました。
今夜は私、S石が例会の進行をするTMOE(今夜のトーストマスター)を初めて務めました。
日本語スピーチ1はF岡さんが「"東京ラブストーリー"にとっても近いお話」と題してスピーチされました。F岡さんらしいユーモアあふれるスピーチで、聴衆に笑いを誘っていました。
日本語スピーチ2は会長であるF山さんが「愛国心」と題してコンテストスピーチをされました。スピーチの構成だけでなく、ボディーランゲージや抑揚を効果的に使った素晴らしいスピーチでした。
それぞれのスピーチに対して、F岡さんのスピーチにはI崎さんが、F山さんのスピーチに対してはK田さんが論評をされました。ベテランのスピーチやコンテストスピーチにも関わらずお二人とも見事な論評をされていました。
テーブルトピックでは初となるK池さんがテーブルトピックマスターを務められました。広告の中からチラシを一枚取り、そのチラシに関する即興をスピーチするというものでした。意外な展開に皆驚いていましたが、初参加のゲストさんが見事にスピーチをこなすなど、盛り上がりました。

後半は英語の部に移り、T石さんが”How to deal with a smoker"と題してスピーチされました。自身の喫煙経験と、喫煙者に対する考え方を落ち着いてスピーチされていました。T石さんのスピーチに対しては、I田さんが論評をされました。初めての論評ながら、見事に務められました!

総合論評では東京インターナショナルトーストマスターズクラブのMさんが、急にも関わらず総合論評を担当して下さり、見本となるような素晴らしい論評をされました。


例会後には初ゲストの方が何名か二次会に参加し、次回での入会を宣言するなど、非常盛り上がって例会が終わりました。

(今夜のトーストマスター S石)

Comments