今夜の新宿のお話

「今夜の新宿のお話」は、新宿バイリンガルトーストマスターズクラブ独自の役割です。アサインされた会員は新宿にまつわる話を3分前後でスピーチします。新宿に関することであれば何でもかまいません。おすすめのお店でも、新宿での個人的な思い出話でも、新宿についてのうんちくでもなんでもありです。ただし事前に原稿を用意することが求められます。ここに投稿されている記事はそのスピーチ原稿になります。例会のスピーチの雰囲気を少しでも感じ取っていただけたらと思います。

2019/9/19 第216回例会 by K

2019/09/28 3:58 に Admin SBTMC が投稿

突然社長からメールがきました。

今の会社で働いて17年、、、社長から直接メールが来たことなんてありません、とうとうこの日が来たかとクビを覚悟しました。
しかしメールの内容はAさんが来月定年退職するので“安全管理者”を引き継いでもらいたい、その為には今月中に研修を受けてきて欲しいという内容でした。
安全管理者?なんじゃそりゃ?よくわからないけどまあ研修受けるだけなら、という訳で昨日、ここ新宿の研修会場で丸一日研修を受けてきました。

実際に参加してみると思っていたよりも厳しく、受付で身分証を呈示して本人確認、時間は朝9時から夜8時半まで、90分毎に休憩があるが再開時間までに席に戻っていなければならない、1分でも遅れたら最後に居残り。
どうやら法律で定められている研修なので、9時間キッチリ受けないと修了と認められない。
研修後半でグループワークがありました。初対面同士でディスカッションしたのですが、個人情報保護の観点から最初の自己紹介は名前だけ、名前だけというより苗字だけ。
どこの何をしている人かもわからない者同士での議論が盛り上がるはずもなく、アイスブレークの重要さを再認識しました。

もうひとつ気づいた事があります、進行、書記、発表者、ほめる、というまるでトーストマスターズのような役割があり、私はトーストで鍛えた論評を試すチャンスと思いほめる係に立候補しました。
80名くらいの参加者がいて数組が発表したのですが、皆さん二言三言くらいしか褒めないんですよ。自分の番が来て、緊張せずに普段論評でやっているような良かった点を3つ理由と共にあげて、何なら改善点も言いましょうか?というトーストスタイルで自分の意見が言えました。

私はトースト歴3年になるんですが、はじめは大勢の、しかも初対面の人の前で意見を言うなんて緊張してできませんでした。
今回たまたま参加した研修で、トーストの効果を実感できた事はとても良い経験になりました。

2019/9/5 第215回例会 by Y

2019/09/10 4:54 に Admin SBTMC が投稿   [ 2019/09/10 4:54 に更新しました ]

今夜の新宿

新宿BTMC名物今夜の新が始まったのが去年の9月、丸1年続いた事になります。
これまでいくつもの皆さんの新宿にまつわる話がありました。新宿、特に歌舞伎町は世界でも有数の歓楽地、良い思い出だけでなくトラブルに遭遇した事がある人もこの中にいるかもしれません。
今日は私が新宿で最近体験したトラブルについてお話ししたいと思います。

あれは忘れもしない5月25日土曜日の午後10時59分、私はJR新宿駅から歌舞伎町方面に向かう地下にいました。
丸ノ内線近くから地上に出ようとするとちょうどシャッターが閉まるところでした。
警備員に「出られますか?」と聞くと「急いでください」との事でしたので急いで閉まりかけのシャッターをかいくぐり上に向かいました。一階では非常ドアの上のライトが点滅し、「こちらのドアから出てください」とのアナウンスがあります。いつもの自動ドアからは出られなかったので非常ドアから出ようにも鍵がかかっていて出られません。他に出口も見当たらず急いで地下に戻りました。閉まったシャッターをバンバン叩いても「誰かいませんか?」と叫んでも反応がありません。シャッターを強引に持ち上げようとしてももちろん開きません。何度か地上と地下を往復しても他に出口らしいところもありません。ライトの点滅と放送は流れているのですが非常口はどうしても開かないのです。

実はこの日は出張帰りでお腹も壊して重いスーツケースをひきずり帰るところでした。次の日も早朝から予定があり早く家に帰って休みたかったのです。私はここで朝まで閉じ込められるのかと思うと息苦しくなりました。蒸し暑い夜で飲み物もありません。トイレもなければ携帯を充電する電源もなく不安でしょうがありません。

そんな時みなさんならどうしますか?
私は迷わず110番に電話しました。閉じ込められたのはみずほ銀行のあるヒューリッツ新宿ビル、隣にグッチがあるビルです。 幸い自動ドアから外が見えるので少し気が楽でした。
これが外の見えない密室に閉じ込められていたら精神的にかなり辛かったでしょう。

数十分後警察がきて自動ドア越しに話をしました。警察の話す声は聞こえるのですが外は騒がしいらしく私の言葉は聞こえないようです。
「大丈夫ですか?」 
私は両手を上げて〇を作ります。
「日本語分かりますか?」

「中国人ですか?」
×

その後は携帯で氏名住所職業を聞かれた後なぜ閉じ込められたのかしつこく聞かれ、酔っ払って寝ていたのではないかと疑われる始末。しまいには出張はどこに何しに行っていたかとか関係ない事まで聞いてきます。こちらは終電もあるので気が気じゃない。ようやく尋問が終わった後は非常ドアを開けてみろとか他に鍵はないのかとか何度もやったことを再びやらされてゲンナリ。

その後はビルの管理会社と電話で話し、警察に話した同じ内容を繰り返します。
「警備会社の人を派遣するのでその費用を請求するかもしれませんよ」
こちらに非のないことを改めて説明し、逆に終電を逃し困っている旨を伝えました。
それから30分程経った頃でしょうか、ようやくセコムに鍵をかけてもらい解放されました。

後から分かったことですが、通常23:30分までは鍵が掛からないようになっているが何かの間違いで23時ちょうどに鍵かかかる設定になっていたとの事、当日掛かったタクシー代金を支払ってもらいました。

地下道だけじゃなくビルも多い新宿。最近はセキュリティーが厳しいので私のように設定ミスなどで閉じ込められた人も少なくないのではないでしょうか?
皆さんも閉館間際の行動にはご注意下さい。

2019/8/15 第214回例会 by I

2019/08/20 6:05 に Admin SBTMC が投稿

今夜の新宿

このプログラムを始めてから一年経ち、ここにいるほぼ全員のメンバーがそれぞれ新宿についてスピーチをしてきたのですが、改めて感心するのは未だに新宿という街についてネタが尽きないですよね。しみじみこの街の巨大さ・多様さを思い知ります。

今回私にとって2回目の『今夜の新宿』になるのですが、今日は高校時代の思い出を話したいと思います。

高校時代に私はブラスバンド部に所属していましてオーボエという楽器を吹いていました。
オーボエと言う楽器、知っていますか?フルートやクラリネット、サックスと同じ木管楽器の一種なのですが、オーボエは吹き口に特徴があります。クラリネット・サックスがシングルリード、一つの薄い木片を震わせる事で音を鳴らすのに対して、オーボエ(それからファゴットという楽器もそうなんですが)はダブルリード、二つの木片を重ねてストローのような形にしたものが吹き口になっています。

これが消耗品でして1-2か月に一度買い替えなくてはなりません。オーボエというマイナーな楽器の奏者はそもそも少ないですし、特に私の地元埼玉はそこまで文化レベルは高くないので、地元ではダブルリードを売っている店はなかったのですが、ここ新宿に『日本ダブルリード協会』という店がありまして(今も新宿西口・小田急ハルクの裏にあります)、そこに埼京線に揺られてはるばる埼玉から新宿まで買いに来たものでした。

という訳で、高校一年生の時に部活の先輩達に連れられて初めてダブルリードを買いに来たのが私にとって初めての新宿でした。埼玉の田舎の私にだって新宿は都庁庁舎をはじめとする有名な高層ビル街という事は知っています。でも埼玉は東京の隣の県ですよ。多少高いビルが多いくらいでそんなに違いなんてあるわけないじゃないですか。多少の事で驚かない・大騒ぎしない、いわゆるオノボリさん状態にはならないぞと心に堅く誓って新宿に向かったのですが…新宿駅西口ロータリーに降り立った私にとある光景が目に入り、思わず叫んでしまいました。

「ほ、歩道橋にエスカレーターがある!」

御存知の通り西口のロータリーには小田急から新宿エルタワーにかけて大きな歩道橋がありますよね。普通、歩道橋の入り口は階段ですよね。それがエスカレーター。それも人を感知して動き出すもの。ついでに雨除けの屋根もついている。たかがそんな事でとお思いになるでしょうが、歩道橋という屋外にあるものにエスカレーターというデパート等の屋内にあるものがくっついているという事実に(ていうか埼玉にはそんなに歩道橋とかデパートとかないし草でも食ってろ埼玉県民!笑)、私の脳が一瞬混乱状態になってしまったのです。(ついでに同じ日に乗った山手線の車内の液晶モニターにも声を上げてしまったのですが、新宿とは特に関係ないので割愛します。)とにかく、なんという都会。足が震えている自分がいました。

その時自分がいたのは新宿の中でもビジネス街にあたる西口、東口は歌舞伎町をはじめとした繁華街、高島屋と新宿御苑がある南口、そして東口と西口を通り抜ける地下道…と色々覚えていく事で大人になっていった訳ですが、歩道橋エスカレーターという、今となっては何ら珍しくない事に声を上げるほど興奮したのは後にも先にもなかったかなと思いました。私の高校時代の部活のオーボエ・ダブルリードという話に持っていくかと思いきや、まさかの西口ロータリーの歩道橋エスカレーターの話でした。

2019/7/18 第212回例会 by O

2019/07/21 5:32 に Admin SBTMC が投稿

高層ビルのお話し

2002年に社会人になり、東京勤務は2009年から、新宿勤務は2015年からです。
新宿のイメージは、都会、特に高層ビルが多いなという印象でした。
そこで、今日は高層ビルについてお話しします。

突然ですが、ここでクイズです。
今からあげる4つのビルで、最も古いビルはどれでしょう?

    1 住友ビル (答え:19740年3月)
    2 三井ビル(答え:19740年10月)
    3 新宿野村ビル(答え:1978年)
    4 アイランドタワー(答え:1995年)

1972年に放送がスタートした有名なテレビドラマ、太陽にほえろを見ると、最初の頃は、オープニングシーンで建設中の三井ビルが見えます。その後、数年後のオープニングでは、完成した三井ビルを見ることができます。

そんな古いビル、やはり地震が心配ですね?

三井ビルがは、風でも揺れます。ギーギーと鳴るのでこわいです。
しかしそんな、古くて揺れる三井ビル、実は新宿で最も地震の強いと言われています。
その理由は、屋上に1,800tの振り子があり、仮に地震が起こると振り子が揺れてビルの揺れを軽減するからです。1,800tはイメージがしづらいですが、私に例えると、約21,000人になります。

時代の流れともに、人もビルも変わります。

私にとっての新宿も、憧れの場所から出張で遊ぶ場所、今は仕事場且つ勉強の場と、どんどん変化しています。
皆さんも、お勤めのビル、住んでいるマンションの見えない変化?を調べてみてはいかがでしょうか。

2019/7/4 第211回例会 by I

2019/07/12 19:02 に Admin SBTMC が投稿

今日はホラーの観点から新宿をご紹介します。

新宿といえば歌舞伎町ですね!皆さま、大嶋てるの事故物件サイトはご存知でしょうか?
事故物件がわかるグークルマップのような地図です。事故物件は建物に黄色い炎のマークが付いているんです。

なんと、新宿は真っ黄色なのです!それは歌舞伎町が自殺の名所だからです。
私は旦那と一緒に、大島てるの事故物件サイトを見ながら歌舞伎町を徘徊しました。
事故物件が多いのは中でも大久保の方のラブホ街です。何件もラブホテルや雑居ビルがならんでます。
地図を見ながら一年に何度も自殺がある事故物件の前に着くと確かに、ネオンの光が強くても、どこか薄暗い雰囲気がするのです。寒気もしますし。
どうして歌舞伎町みたいな賑やかな場所で死にたいと思うのでしょう。

と、いうわけで、大島てるの事故物件サイトを見ながら、歌舞伎町の町に繰り出してみませんか。
ちょっと不思議な体験ができるかも。

2019/6/6 第209回例会 by O

2019/06/11 4:17 に sakurafrom360snow が投稿

新宿の由来

 

住んでいるところ、どれぐらい知っていますか? 

例えば、池袋に住んだら、池袋という名前は 近くに袋という形をした池があったそうです。

では、新宿は?

 

単純です。

 

「新しい宿」と意味しています。

この「新しい宿」ってなんでしょう?

日本の五街道には、品川宿、千住宿と板橋宿はあります。でも、この新宿を通して甲州街道の最初の宿場はどこでしょうか?

高井戸です。高井戸がどころにあるか知らない人はいるかもしれないですが、杉並区にあり、京王線で、高井戸駅と下高井戸駅があります。事実は宿場は上と下に分かれていました。でも、不便です。

 

他の宿場から比べて遠いですから。 日本橋から高井戸まで4里から離れています。他の宿場は2里です。「里」って約5キロですよ。

じゃ、高井戸の前に「新しい宿」を作りましょうとなり、内藤新宿と宿場が誕生しました。

内藤町って新宿御苑の近くですね。ただ、内藤新宿は新宿三丁目の伊勢丹の近くにありました。

 この内藤新宿は20年しか経ってないのに、廃止されてしまいました。なぜなら、幕府の財政難があり、享保の改革の最中に、旅人が少ないから不要と判断されてしまいした。

そして、50年が経ち、旅人の量を増え、やはり必要と思われるようになり、新たに内藤新宿が誕生しました。

 

この新宿は、サラリーマンの街であり、風俗の歌舞伎町もあり、ここに高層ビル群もあり。ごく普通の都心部ですね。その街自体はそんな波乱万丈のストーリーがあったと思わなかったでしょう?

 

実はこの復帰までいろいろがありました。5分以内まとめきれないストーリーがあります。それはさておきます。

 

言いたいことはあなたの住んでいる街、働いている街、どれぐらい知っているでしょうか?一目でつまらない街かもしれませんが、由来を見ると面白いドラマが隠れているかもしれないです。ぜひ、地元の地名を検索しましょう。

 

以上

2019/5/9 第207回例会 by H

2019/05/14 21:38 に sakurafrom360snow が投稿

Every city has a symbol.
Shibuya: Hachiko obviously.
Ikebukuro: Ike-fukuroo right?
Shinjuku is no exception.

Actually, Shinjuku has many many symbols.
Godzilla in Kabukicho,
The eye under the Subaru building,
or the Lion in front of the studio Alta,
the list goes on.

But for me, it's the dog.
The dog.
You might think that there is no dog in Shinjuku.
But there is.

It's this:

Tano-kun
Tano-kun holds a special place in my mind.
Because it is the very first thing that I saw when I came to Shinjuku for the first time.
Shinjuku is such a busy and complicated city. Naturally, I got lost many many times.
But whenever I got lost, I was able to find my way, thanks to the dog: Tano-kun.
This Tano-kun is very visible from Yasukuni-Dori.
Once you hit Yasukuni-Dori and look right or left, there he is, always.

Tano-kun became my beacon in Shinjuku.
Now I don't get lost in Shinjuku anymore.
But he still holds a special place in my mind.

I think everyone has a symbol in Shinjuku.
What would be your symbol in Shinjuku?

2019/3/28 第204回例会 by I

2019/04/25 19:42 に sakurafrom360snow が投稿

今日は私と新宿の思い出を「喜怒哀楽」で表現しながらお話します。

 

()今から7年前、新宿を歩いていた時にばったり知り合いに会いました。大都会でなかなか偶然知り合いに会うことってないですよね?

その知り合いは、私が小さい頃よく遊んでもらったK子おばさんで何年も会っていなかった人でした。

「まーっ、Uちゃん、結婚決まったんだって?お茶飲みながらお話しましょ」

色々な質問してきつつ、K子おばさんはとても喜んでくれました。

 

() 翌日、田舎に住む母から私に電話がありました。「K子おばさんから電話が来たよ。新宿でばったり会ったんだって?あんたが変な男に騙されてるんじゃないかと心配してたよ、本当大丈夫なの?」

一度も会ったこともないのに、夫を疑うK子おばさんに対して私の怒りがふつふつと沸いてきました。

() と同時に私の前では喜んでたのに裏ではそんな発言をしていることを知って悲しくなりました。

それでも母に言われ、結婚式の招待状を送り、当日を迎えました。

() 結婚式当日。K子おばさんは来てくれました。結婚式も披露宴も楽しく終わりました。そして、披露宴が終わり、お見送り。K子おばさんを見送る時になり、私の手を取りこう言いました。

「おめでとう。私ね、あなたが可愛くてつい心配しちゃったんだけど、ごめんね。良い旦那さん見つけたね。幸せになってね!」

 

実は私が結婚式を挙げたのは、新宿○○ホテルです。このホテルのテラスで親族と集合写真を撮りましたが、とても新宿らしい綺麗な高層ビルの風景が写っています。

 

これが私と新宿の思い出です。

2019/2/21 第202回例会 by I

2019/04/02 3:50 に sakurafrom360snow が投稿   [ 2019/04/02 3:51 に更新しました ]

今日はホラーの観点から新宿をご紹介します。
新宿といえば歌舞伎町ですね!皆さま、大嶋てるの事故物件サイトはご存知でしょうか?
事故物件がわかるグークルマップのような地図です。事故物件は建物に黄色い炎のマークが付いているんです。
なんと、新宿は真っ黄色なのです!それは歌舞伎町が自殺の名所だからです。
私は旦那と一緒に、大島てるの事故物件サイトを見ながら歌舞伎町を徘徊しました。
事故物件が多いのは中でも大久保の方のラブホ街です。何件もラブホテルや雑居ビルがならんでます。
地図を見ながら一年に何度も自殺がある事故物件の前に着くと確かに、ネオンの光が強くても、どこか薄暗い雰囲気がするのです。寒気もしますし。特に多いのが第六トーアビルというホストクラブが入っている雑居ビルです。ホストにはまって借金で首が回らなくなった方が自殺するのだと思います。
しかし、どうして歌舞伎町みたいな賑やかなばしょで死にたいと思うのでしょう。
と、いうわけで、大島てるの事故物件サイトを見ながら、歌舞伎町の町に繰り出してみませんか。
ちょっと不思議な体験ができるかも。

2019/1/19 第200回記念例会 by T坂

2019/02/21 0:16 に sakurafrom360snow が投稿

「今夜の新宿」は将棋センターについて語りたいと思います。

私は子供のころから将棋が好きで、この年になるまでずっと将棋を指してきました。

「あなたの一番の趣味は何ですか」と聞かれましたら、おそらく「将棋です」と答えると思います。

現在私は主に渋谷の千駄ヶ谷にある「日本将棋会館」の本部に行っていますが、

「今夜の新宿」のネタを探すために新宿将棋センターに行ってきました。

新宿駅西口から歩いて10分ぐらいのビルの6階です。

行ってみた感想ですが、日本将棋会館と比較してよい点が3つほどありました。

1つは指導してくださるプロ棋士の顔ぶれがバラエティーに富んでいる点です。

プロ棋士の指導自体は本部でもあるのですが、新宿は登録者数が多いように感じました。

2つ目は奨励会員と平手で将棋が指せるという点です。奨励会員というのはプロになる前の人たちで

そういう実力者と平手(ハンデなし)で戦えるというのは大きな魅力だと思います。

3つめは雰囲気が本部に比べてまったりとしている点です。のんびりした雰囲気なので初心者でも

行きやすいと感じました。

将棋は多くの人がルールを知っているにも関わらず、最近は将棋道場が激減しています。

考えられる理由としましては、オンラインゲームで面白いものがたくさんでてきていますので

子供達の多くがそちらに流れて行ってしまっているのだと思います。

しかし、将棋は日本の伝統文化ですし、オンラインゲームにはない良さが詰まっています。

一日遊んでも、席料が1300円ほどですのでとても安いです。

もし、趣味がなくて困っている人がいたら、「新宿将棋センター」へGO


1-10 of 22