2020年度 例会報告

第226回例会

2020/03/04 3:09 に Admin SBTMC が投稿

第226回例会は角筈地域センター会議室Aで開催されました。
新型コロナウィルスの流行が注視されている中での開催ということで、IK会長がアルコール消毒液を持ってきてくださったり、事前の告知により出席者のマスク装備率も90%以上という意識の高い例会でした。 総合司会(Toastmaster of the Evening)は今期書記で前年度最多論評賞受賞のKさん、早速新型コロナウィルスのネタにふれ、いつもはスピーカー紹介でしている握手を今日は「エア握手で!」と言って笑いを取っていました。直接接触が危険とのことなので理にかなった処置でもありました。

久しぶりのアイスブレイクセッション「グッド&ニュー」も、総合司会Kさんのたっての希望で実施。
24時間以内に起こったハッピーなこと、新しい体験を一人30秒でシェアしました。
しばらく休止していたので、まだ「グッド&ニュー」をしたことのない会員中心に話しました。なぜか皆さん食べ物の話題が多かったですね。

今日の言葉「高揚感/Euphoric」KTさん。20年前に海外旅行でモスクワに行かれたときのお話とからめてこの言葉を紹介されました。「Euphoric」はなかなか使わない単語なので、アクティブボキャブラリーを増やすというロールの趣旨にかなった選択でした。

日本語スピーチはMOさんと会長のIKさん。
MOさん「新しい明日の自分に会えることを楽しみに」はお名前を英語で言うと、という今までありそうで無かったユーモアあふれる掴みのお話から学生時代に自信をくれたスキー体験、就職後の逆境の克服、トーストマスターズクラブでの新たなチャレンジなどなど、堂々としたスピーチとその美声に聴き惚れてしまいました。IKさん「全盛期」はエリアコンテスト直前の壮行スピーチでした。高校時代のキラキラした全盛期から、前を向いて今を見つめることで、地に足の着いた新たな全盛期が見える。以前にもましてブラッシュアップされた内容でした。この例会報告作成時点ではエリアコンテストを勝ち抜き、更に上のディビジョンコンテストまで駒を進めています。フィードバックを活かしてどんどんスピーチを進化させる姿勢がさすが我らが会長です。

MOさんのスピーチへの論評はお久しぶりのWさんでした。MOさんに対するあたたかい眼差しと的確な指摘が印象に残りました。
IKさんのスピーチへは参加者有志によるフィードバックでした。初めて聞いた人、何度も聞いた人、それぞれIKさんのスピーチをもっと良くするには?という視点からのアドバイスが続出し、新宿クラブの層の厚さが実感できました。

英語スピーチはMDさんとSさん。
MDさんのスピーチタイトルは「Changing a diapar」。学生時代クラスで劇の監督をした体験、二人こぎのボートで激突事故にあった体験、お子さんのおむつを交換した経験を通してご自身のリーダーシップについて学んだことを語られました。エピソード選択のギャップが活きていました。
Sさんのスピーチタイトルは「Jump against the headwind」。順風満帆だった会社人生が一転、逆風吹きまくりに。ご自身の体験から、逆風こそ活かせれば更に高く、遠くへ飛べるという力強いメッセージのスピーチでした。Sさんもこの例会後に英語でのディビジョンコンテストへの初進出を決められました。

MDさんのスピーチに対する論評はIZさん。率直かつ鋭い指摘が光っていました。
Sさんのスピーチに対する論評は全員参加型のフィードバック大会でした。どんな意見も一度は取り入れてみるというSさんの貪欲な姿勢に色々なアイデアが飛び出しました。

即興力を鍛えるテーブルトピックスの司会はITYさん。例会のスピーチの話題からうまくお題を拾って出題されました。
回答者はSTさん、OKさん、MYさんの三名。いずれもキラリと光る即興性がありましたが、中でもSTさんが聴衆の評価を集め、見事ベストテーブルトピックス賞に輝きました。

新型コロナウィルスの不安を吹き飛ばし、元気がもらえる例会でした。以上例会報告係の橋本でした。


第225回例会

2020/02/09 14:29 に Admin SBTMC が投稿   [ 2020/03/04 3:14 に更新しました ]

第225回例会は角筈地域センターで開催されました。

新宿BTMCが所属するエリア33の日本語スピーチコンテスト前ということで、前半は新宿代表のI会長のリハーサルスピーチと、それに対する参加者全員によるフィードバックセッション、後半は日本語スピーチ3本の通常例会といういつもとは違う構成でした。

総合司会(TMOE)は先日のエリア33英語スピーチコンテストで見事三位入賞を果たしたYさん。通常とのプログラムの違いをしっかり説明されてからの教育セッションのはじまりでした。

フィードバックセッションのファシリテーターは今期D76(日本全域)のディレクターを務めるOwnbyさん。無駄のない進行とトーストマスター歴22年のご経験から繰り出される珠玉のなアドバイスがさすがでした。個人的に印象に残ったのは、コンテストのスピーチ原稿は遅くとも三日前にフィックスすること(飛ぶので)、フィードバックで矛盾したアドバイスをもらうことがあるが自分のスピーチの芯を意識して取捨選択することの二つでした。

日本語スピーチはAさん、Mさん、Iさんの三名でした。Aさん、Mさんはアイスブレイカースピーチ。Iさんは上級マニュアルの感動させる物語のスピーチでした。Aさんは中学生のころからの夢を退職後の第二の人生で果たされたお話、Mさんは自己紹介とトーストマスターズを始める動機について巧みに絡めてスピーチされました。ベテランのIさんは飼っているうさぎのマイケルから学んだ教訓が仕事にや私生活に好影響を与えたことをユーモア豊かに語られました。論評者はIYさん、MDさん、Sさんでした。いずれもスピーカーの役に立つ論評をしっかりされていました。特にSさんはベテランならではの準備スピーチのような論評をされていたのが印象に残りました。またこの日はタイムオーバーが一切ありませんでした。タイムマネジメントもしっかりしていました。バラエティ豊かな背景の会員から楽しいスピーチが聞けて充実した例会となりました。

以上総合論評のHでした。





第223回例会

2020/01/18 19:45 に Admin SBTMC が投稿

■2020年1月9日@角筈地域センター7F クッキングルーム
■参加者数:20名(会員16名、ゲスト4名)
■表彰 ベストスピーチ賞:3名未満のため投票なし
Best Table Topics (English):TM T / ベストテーブルトピックス賞(日本語):TM Sさん
ベスト論評賞:3名未満のため投票なし

新年あけましておめでとうございます!
2020年最初の例会は嬉しいことにゲストの方が4名ご参加頂きました。更に新しい会員2名の入会式、更に更にゲストからの入会宣言あり、他クラブからのゲストスピーチありと盛りだくさんの例会となりました。

■今夜のトーストマスターTMOE(例会の司会進行):I藤さん
教育担当副会長でもあるI藤さん。新年にふさわしく“銀河一のクラブにしよう!”と力強い呼びかけで例会がスタートしました。

■今夜の言葉(スピーチや論評のなかで出来るだけ使用するワード):O平さん
蕎麦コミュニティーに参加しているO平さん、トーストマスターズ同様みずから進んで会の役割を果たしているそうです。『Spontaneously / 自発的に』が今夜の言葉でした。

■Prepared Speech & Evaluation Session (準備スピーチ&論評)
Today’s prepared speeches were (1) in English and (1) in Japanese.
TM T accepted our speech offer willingly even at a very short notice. She delivered inspiring speech! At the beginning, she asked “Do you like Pathways?” She suggested us to become a good audience and that meant you could also become a good public speaker and leader. She realized that through Pathways program in Toastmasters.
そして二人目のスピーカーはTM S本さん。賞味期限と消費期限の違いについての説明も入れつつ、メインテーマである恋の賞味期限はドーパミンの効果が得られる3年説、愛の消費期限は人間の脊髄液が入れ替わる7年サイクル説についてユーモラスにスピーチを展開していました。
At the evaluation session, TM CB evaluated TM T’s speech based on her speech objective which was “Understanding Your Communication Style”. TM T succeeded in engaging audience by her interactive speech style such as question and answer. It worked well for involving people to her speech.
二人目の論評者TM YさんがTM S本さんのスピーチ論評を行いました。恋や愛について語るテーマ選定が良かった、興味を引きやすい題材であり聴衆にリサーチ情報を共有するというスピーチ目標に沿ったトピック選定でした。またユーモア要素がたくさんあり聴衆の笑いをとっていた。改善点としては賞味期限、消費期限という言葉の使い過ぎにより賞味なのか消費なのか分かりにくい箇所があった点。

■Table Topics Session(お題に答える即興スピーチ):TT master TM M、TM O元さん
There were (4) questions in English by TT master M and (6) questions in Japanese by TT master O.
・Q1 ”What foods do you like to eat in new year holidays?” :Answer TM O
She likes SOBA. She ate it at both end of year and new year. It means that she ate SOBA three or four times a week!
・Q2 “What is your favorite sports or activities in new year holidays? ”  Answer TM Y
He likes outdoor activities, especially like skiing. And he would like to try something new in this winter. He decided to try Telemark skiing which combined elements of Alpine and Nordic skiing.
・Q3 ”What is the most interesting news last year?” Answer TM T
Her most interesting news is from oversea. She introduced news that the small boy lost in forest and after being discovered he said ‘hung out with bear’ for few days!!
・Q4 “Which place do you recommend to visit in new year holidays?” Answer TM H
He recommended to visit your hometown or place where people get together at countdown events.
・お題5『おふくろの味は?』回答者 TM Iトウキさん
静岡出身のIさん、ご実家のある地域ではお雑煮の出汁を鰹節からとるそうです。薄めのじんわりとしたお雑煮の味がおふくろの味。
・お題6『今年の初夢or夢を教えてください』回答者TM A瀬さん
過去の失敗経験から楽しい夢がなかなか見られない。克服するには何か新しい事を始めたり、自らを窮地に追い込む…、それがこの場所。トーストマスターズ。
・お題7『好きな年末年始のテレビ番組』回答者TM Iトウヤさん
 M-1グランプリ。優勝したミルクボーイの漫才ネタが面白くてネットで何回も見た、楽しそうにコントをしている姿勢はスピーチの参考にもなっています。
・お題8『年末年始の失敗談』回答者 TM T橋さん
 新しいトーストマスターズクラブの立ち上げ。年末のトライアルは満席状態、そこで油断したのが大失敗。年始1回目の例会ではなかなか参加者が集まらず苦労しました。
・お題9『年末年始おススメのダイエット法』回答者 TM Sさん
 食べる量を減らす、最近のリサーチ結果では現代人は食べすぎである。年齢を重ねることによって太りやすくなるので、食事量を調整するのが環境へも優しくダイエットにもなる。
・お題10『厄払いの時何をしましたか?』回答者 T田さん(ゲスト)
 神主さんを呼んで家全体をお祓いした事がある。神棚も造って三時間ほどかかったが、長いスパンでみると改善している。

TM H本さんの笑いカウンター報告時に一番笑いをとった人をチャンピオンとして発表する工夫など、新年らしい新たな試みが見られた例会でした。最後に新入会員2名の入会式を終え全てのプログラムが終了しました。
次回1/16の例会はいよいよインハウスコンテスト@大久保地域センターです。コンテスタントの皆さんスピーチ楽しんでください!!

Meeting reporter : K

1-3 of 3