第216回例会

2019/09/24 5:25 に Admin SBTMC が投稿
■2019年9月19日@角筈地域センター



日中の暑さと対照的に夕刻は涼しくなり、新宿駅から会場の角筈センターまで快適に歩いて例会に参加しました。

■最初はWさんの入会式。Wさんは以前他のクラブでの活動経験がある方、頼もしい仲間が加わりました。

■日本語セッション

今夜のトーストマスター(例会の司会進行)はHさん。

Hさんは新宿駅からバスで向かったとの事、バスの乗り場が分かりにくく少し遅れて到着しました。一週前から気分の高まる例会案内をし、痒い所に手が届くプログラムで事前の準備万端でしたのでスムーズに例会開始出来ました。

今回の「Word of Evening(今夜の言葉)」はSさんが選んだ「幸先の良い/Propitious」。
英語堪能なSさんらしい普段使わない単語でした。

役割説明の後はIYさんによるクラブサポートシステムとPathwayについてのワークショップ。新入会員が増えた事もあり、初心者に分かりやすい説明でした。

続いてIKさんによるテープるトピックセッション。「夏と冬どちらが好きか?」という質問に対してIさんはまさかの秋という回答!
その後質問に沿った話に持って行ったのは流石です。

次の質問は「消費税が無かったら何を買いますか?」。増税前に何を買うかとは微妙に異なる質問で回答者のKさんは少し戸惑ったようでした。その後興味のあった水沢ダウンのお話で見事ベストテーブルトピックを受賞しました。

最後の質問は「今一番行きたいところは?」という質問に今日唯一のゲストOさんが回答されました。アメリカ在住時代の話からなぜトーストマスターズの例会見学に至ったかを簡潔に話されてまるでアイスブレークのような良いスピーチでした。

総合論評は初めて挑戦するTさん、メインのセッションだけでなく各役割についても適切なコメントをしていました。


■English Session

There are two prepared speeches in this session.

1st speech: “ONE THIRD” by T-san. 

Normally we focus on what we are doing during waking up. But he talked about sleeping time which is ONE-THIRD of a day by drawing ”The Butterfly  Dream”. His speech is not only humorous but also philosophical in the end.

2nd speech:  “An inevitable thing in my life” by M-san.

This is her Ice break speech but she looks relax and enjoy during the speech.

Her inevitable thing is related to many things such as her family, partner, carrier and so on. It’s a very interesting story and we are looking for hearing her next speech.

I-san evaluated the speech of T-san. She mentioned 3 good points, well-organized structure, comparison of stories and humorous story. She advised that it’s better to connect starting and ending stories.

IT-san evaluated the ice break speech of M-san.

He mentioned that the connection of her each story made a strong impression in the end.

He advised her to use strong tone when emphasizing so that her speech can give us a more strong message.

日英セッションを振り返って入会したばかりの新人メンバーが積極的に役割をこなしてスピーチしているのが印象的でした。

以上 Yからの報告でした。




Comments