第210回例会

2019/06/23 16:56 に sakurafrom360snow が投稿   [ 2019/06/23 17:02 に更新しました ]

210回例会 @角筈地域センター

今回は2018年度最後の例会でした。

会長で本日のTMOEでもあるHさんのGoodNewで会場の雰囲気を温めつつスタート。今日の言葉はSさんによる「crystal-clear(明白な)」、皆さん使ってみてくださいね。

 

最初のスピーチはTさんの「Eddie would go」。ハワイの伝説のサーファーでチャレンジ精神旺盛なEddieさんのお話。スピーチへの引き込み方、テンポが適切という良い点に加え、同じサーファーであるTさんご自身の感想もあればもっと良くなるとのコメントでした(Sさん論評)。

 

2番目のスピーチはIさんの「Something Good to Know」。ガーナ訪問時に体験した、ガーナ特有の「曜日とリンクした名前」のお話。飛行機内の導入部分から始まり、情景描写にライブ感がありとてもイメージしやすく、現地の習慣(名前)を使いながらすんなりと現地の方に溶け込む様子が素敵でした(Yさん論評)。

 

英語の部の総合論評はOさん。ダイナミックなボディランゲージと切れの良い論評で皆さんを頷かせていました。

 

後半、3番目の日本語スピーチ、再登場Oさんの「中学生でも薔薇が書ける方法」。難しい「薔薇」という漢字を書けますか?から始まって、漢字を分解して理解し、独自ストーリーや他人に教えることで記憶定着を図るというお話。外国の方に漢字を教示される意外性、マトを得た覚え方などの良い点に加え、なぜ薔薇なのか、むりやり巫女を回すのか、というツッコミもあり、ユーモア溢れる楽しい論評でした(Iさん論評)。

 

「今夜の新宿」は途中参加のSさん。新宿駅周辺は「大迷宮」であるというインパクトある導入から、出入口が200カ所もある事、そして絶対的・相対的方向感覚で出口を探す事を、即興とは思えない構成で披露してくれました。

 

日本語の総合論評はW。タイムマネーメントを軸にした初の試み。言いたいことを充分に伝えながら、冗長にならず簡潔に工夫されているかをチェックしました。今日の言葉Sさんの音楽挿入、そして笑いカウンターKさんの「アニマル浜口」を使ったcrystal-clear Laughの説明など、効率よく意図を伝えるという意味で印象的でした。

 

そしてお待ちかね、

優勝者表彰:スピーチIさん、論評Iさん、おめでとうございます!

年間表彰:TT、論評はKさん(ダブル受賞!)、スピーチはSさん、新人賞Tさん、最多TMOE W、名誉会員Iさんでした、おめでとうございます!

 

続いて

役員交代式:新役員の面々が登壇し、新会長Iさんが「新宿TMにして良かった!」を新スローガンに、レベルの高い、明るいクラブ、会場の改善などを例示しながら抱負を述べられました。

さらに、ゲストOさんの入会宣言、会長Hさんの皆勤賞など、うれしい追加事項もありました。

 

  全体として、これからの新宿BTMCの発展を予想させるような密度の高いすばらしい例会でした。

 

この1年、参加された会員・ゲストの方、例会を大いに盛り上げていただき、心より感謝致します、ありがとうございました。

 そして7月からのフレッシュな新生 新宿BTMCも、ぜひともよろしくお願いいたします!

 

表彰式
ą
sakurafrom360snow,
2019/06/23 17:01
Comments