第207回例会

2019/05/28 1:11 に sakurafrom360snow が投稿

201959日@四谷地域センター会議室B

 

大型連休明け、そして令和に元号が代わって初の例会は新宿御苑大木戸門そばの四谷地域センターで行いました。

 

今回の「Word of Evening(今夜の言葉)」はYさんが選んだ「Uncommon (稀有な)」でした。元号が代わるのも30年ぶり、稀有な事ですよね。

 

役割紹介の後はメインの準備スピーチ。トップバッターはMさんの「How do you measure happiness?」。昨年入会してから積極的に当クラブに参加され、順調にカリキュラムをこなしているMさん。今回はスクリプトなしで英語スピーチに臨まれ、「幸せとは何か?」という哲学的なテーマにチャレンジしました。世界で幸福度ランキング一位の国はフィジーとの事。GDR等の客観的な経済指標で日本と比較するとかなり遅れている国ですが、何故か国民皆幸せな国だそうです。

次は中野TMCからゲストでいらしたTさんの「Brazilian Taxi Driver」。Tさんはかつて当クラブに所属され、今回は久しぶりに古巣に訪問して下さいました。前職で惨めな体験をされ、リフレッシュのつもりで訪れたブラジルで出会ったタクシードライバーに「幸せとは何か?」を諭される内容でした。前のMさんのスピーチとテーマが偶然重なり、興味深い内容でした。

 

その後は各準備スピーチへの論評。Mさんの論評をされたTさんは二回目にも関らずもう慣れた感じでした。英語総合論評はトーストマスター歴20年のOさん。良い所・改善点を指摘するだけでなく、何故良いか・改善しなければならないか、プロジェクトに沿った目的を明確にした方が良いと勉強になる講評でした。

 

小休憩を挟んで日本語セッションに入りました。

 

次に我らがHさんによる新宿BTMCオリジナルのプログラム「今夜の新宿」。このプログラムも始めて9か月位経ちますがネタが尽きませんね。新宿という街の奥深さをしみじみ思い知ります。詳しい内容はこのホームページの「今日の新宿」を御参照下さい。

 

日本語準備スピーチはOさんによる準備スピーチ。「論評って何?」。アメリカ人にも関らず流暢な日本語をお話しになる(漢検2級!)Oさん。先程の英語総合論評と被りますが、スピーチというよりワークショップみたいな内容でした。「マニュアルを読んでプロジェクトの目的を理解する」「論評は相手へのプレゼントである」…と色々勉強になりました。

  

続いてIKさんがファシリテーターとして即興テーブルトピックを行いました。大型連休明け・令和一回目という事もあり本日のお題は「GWにどこに行ったか」「不公平と感じた事」「記念日」「平成時代を振り返って」というトピックが用意されました。

 

Oさんに対するHさんの論評を終え、いよいよ表彰式へ。今回はゲストTさんが準備スピーチ、もう一人ゲストの方がテーブルトピックで受賞、ベスト論評は他の2人がタイムオーバーで失格になり棚ボタで私I藤が受賞しました。

 

今回はゲストの一人から入会表明がありました。ようこそ新宿BTMCへ!パブリックスピーキングの向上に共に切磋琢磨していきましょう!

 

以上総合論評のI藤からの報告でした。

Comments