2019年度 例会報告


第217回例会

2019/10/10 4:51 に Admin SBTMC が投稿

第217回例会は角筈地域センターのクッキングルームで開催されました。クッキングルームの使用はクラブ史上初でしたが、さほど違和感なくトーストマスターズクラブの例会を行うことができました。次回は何かレンチン出来るモノをつまみながらの例会もありかもしれません。

ところで、この日初めてだったのはクッキングルームの使用だけではありません。
総合司会初(Oさん)、スピーチ初が2人(oさん、Wさん)、テーブルトピックスマスター初(Sさん)、復帰後初の英語総合論評(Kさん)など、正に初物尽くし!初々しい緊張感と笑いにあふれる例会でした。

その初総合司会のOさん、最初こそ若干のつまずきはありましたが、細部まで行き届いた司会ぶりが堂に入っていて安心感がありました。抜群のタイムキープと役割説明のフォロー、ちょっとしたコメントで場を温めるユーモアも素晴らしかったです。

英語スピーチ一人目は初スピーチのoさん。模擬プレゼンの失敗体験からトーストマスターとの出会いをユーモアを交えて語られました。ヒョウ柄のスカーフとPPAP=Presentation
is Practice And Practiceというキーフレーズが光るアイスブレイカースピーチでした。

二人目はベテランのIさん。大学時代のホームステイ体験をビビッドに語られました。想像を絶した賑やかホストファミリーの描写が爆笑を誘い、最後には家族の大切さを考えさせる深いスピーチでした。

oさんの論評はYさん。初めてのスピーチを暖かく迎え、改善点もしっかり指摘されていました。

Iさんの論評はkさん。二つのホストファミリーのコントラストの描写に着目した論評が秀逸でした。

テーブルトピックスマスターはSさん。時節がら秋にちなんだお題でした。挙手を促すスタイルが攻めていて良かったです。

日本語スピーチは初スピーチのWさん。子育てに専念していた時に娘さんから言われた一言で波乱万丈の人生に。柔らかさの中にたくましさを感じるスピーチでした。

Wさんの論評は会長のiさん。朗らかな笑いでWさんのスピーチを心から楽しんだことが伝わる論評が印象に残ります。間を取ることの重要性も指摘されていたのが実践的でした。

総合論評で若干時間が押してしまったのが心配でしたが、終わってみれば時間ぴったり。この日も笑いと学びの多い例会となりました。

以上総合論評のHでした。





第216回例会

2019/09/24 5:25 に Admin SBTMC が投稿

■2019年9月19日@角筈地域センター



日中の暑さと対照的に夕刻は涼しくなり、新宿駅から会場の角筈センターまで快適に歩いて例会に参加しました。

■最初はWさんの入会式。Wさんは以前他のクラブでの活動経験がある方、頼もしい仲間が加わりました。

■日本語セッション

今夜のトーストマスター(例会の司会進行)はHさん。

Hさんは新宿駅からバスで向かったとの事、バスの乗り場が分かりにくく少し遅れて到着しました。一週前から気分の高まる例会案内をし、痒い所に手が届くプログラムで事前の準備万端でしたのでスムーズに例会開始出来ました。

今回の「Word of Evening(今夜の言葉)」はSさんが選んだ「幸先の良い/Propitious」。
英語堪能なSさんらしい普段使わない単語でした。

役割説明の後はIYさんによるクラブサポートシステムとPathwayについてのワークショップ。新入会員が増えた事もあり、初心者に分かりやすい説明でした。

続いてIKさんによるテープるトピックセッション。「夏と冬どちらが好きか?」という質問に対してIさんはまさかの秋という回答!
その後質問に沿った話に持って行ったのは流石です。

次の質問は「消費税が無かったら何を買いますか?」。増税前に何を買うかとは微妙に異なる質問で回答者のKさんは少し戸惑ったようでした。その後興味のあった水沢ダウンのお話で見事ベストテーブルトピックを受賞しました。

最後の質問は「今一番行きたいところは?」という質問に今日唯一のゲストOさんが回答されました。アメリカ在住時代の話からなぜトーストマスターズの例会見学に至ったかを簡潔に話されてまるでアイスブレークのような良いスピーチでした。

総合論評は初めて挑戦するTさん、メインのセッションだけでなく各役割についても適切なコメントをしていました。


■English Session

There are two prepared speeches in this session.

1st speech: “ONE THIRD” by T-san. 

Normally we focus on what we are doing during waking up. But he talked about sleeping time which is ONE-THIRD of a day by drawing ”The Butterfly  Dream”. His speech is not only humorous but also philosophical in the end.

2nd speech:  “An inevitable thing in my life” by M-san.

This is her Ice break speech but she looks relax and enjoy during the speech.

Her inevitable thing is related to many things such as her family, partner, carrier and so on. It’s a very interesting story and we are looking for hearing her next speech.

I-san evaluated the speech of T-san. She mentioned 3 good points, well-organized structure, comparison of stories and humorous story. She advised that it’s better to connect starting and ending stories.

IT-san evaluated the ice break speech of M-san.

He mentioned that the connection of her each story made a strong impression in the end.

He advised her to use strong tone when emphasizing so that her speech can give us a more strong message.

日英セッションを振り返って入会したばかりの新人メンバーが積極的に役割をこなしてスピーチしているのが印象的でした。

以上 Yからの報告でした。




第215会例会

2019/09/16 4:49 に Admin SBTMC が投稿

暑い暑い8月の夏休みシーズンも終わり、残暑の中、角筈地域センターで9月1週目の例会を開催致しました。会員へのアンケートの結果、今後は角筈地域センターをホームグラウンドとして活動を行っていく予定です。新宿駅西口から徒歩15分程、都庁前駅・初台駅から徒歩10分程と、新宿のクラブを謳う我々にとってふさわしい好立地です!

今回の「Word of Evening(今夜の言葉)」は私が選んだ「Withdraw(撤回する)」でした。昨今の香港でのデモ行進のニュースからヒントを得ました。私も香港に知り合いが結構いるので、かの地での動静が心配です。

役割紹介の後はメインの準備スピーチ。トップバッターはKHさんの「Motivated Brain」。やる気を上げるにはどうしたらよいかというトピックでした。最初はトーストマスターズにありがちな自己啓発チックな精神論・スピリチュアルな話かと思いきや、「自分のキャパシティの50%程度に仕事量を抑える」や「新しく学ぶ事とルーティンワークのバランスを取る」等、Kさんのリサーチと御自身の経験に基づいた科学的な内容でした。

すぐに準備スピーチへの論評。本日再入会されたKNさんにお願い致しました。プログラムの不備で準備スピーチ直後の論評でしたが(しかも英語)、そこは江戸トーストマスターズ会長のKNさん、適格で客観的な論評でした。

小休憩を挟んで日本語セッションに入りました。

日本語準備スピーチは我らが会長IKさんによる「好き、嫌い」。大学時代の恋愛とバイトという甘酸っぱい思い出のお話でした。「態度だけではなく言葉でないと相手に伝わらない」、IKさん得意のジェスチャーを交えての臨場感あふれるスピーチでした。

続いてSYさんが「効果的なプレゼンテーション」という、スピーチだけでなく質疑応答も含めた20分程度のプログラムを行いました。「失敗を敢えてする」「主導権を握る」「目標を一つ先に置く」…等、色々メモすべきアドバイスが出てきましたが、一番心に残ったのは「事前の準備」。確かに事前の準備を入念にしておくと肝心のプレゼンを落ち着いて行えますよね。例えば今回使用されたプロジェクターは超短焦点の高性能なものでしたが一般的なものではなかったので、例会前に設置を色々試しておられたのが良かったと思います。

次はSさんがファシリテーターとして即興テーブルトピックを行いました。Sさんは会社で色々トラブルがあったそうで遅れての例会参加。「準備してないのですが…」との事ですが、「仕事での失敗」というお題→Oさん「出張先で社用携帯を落とす」→「旅先での失敗」→Sさん「インドでの腹痛&トイレのトラブル」→「海外の文化の違いを思い知った経験」→IKさん「中国でのトイレ」…と前の方のスピーチを受けて次のトピックのネタを見つけるのはさすがでした。

IKさんに対するHさんの論評、プロジェクト目標に沿った適格な論評でした。Sさんに対するOさんの論評、質疑応答にフォーカスした論評でした。限られた時間での論評ではスピーチの内容に広範囲に触れるよりもプロジェクト目標に焦点を絞る事も重要ですね。

表彰式の後、KNさんとOMさんの入会式でした。最近新メンバーが増加し、この例会報告のイニシャル表記のアルファベットも間に合わず嬉しい悲鳴を上げております笑。ようこそ新宿BTMCへ!パブリックスピーキングの向上に共に切磋琢磨していきましょう!

以上総合論評のI藤からの報告でした。




第214会例会

2019/08/20 6:08 に Admin SBTMC が投稿

第214回例会は四谷地域センターで開催されました。今期に入ってから初めての日本語セッションを前半、英語セッションを後半という構成です。

総合司会は今期会員担当のMさん。時間を無駄にしない緻密な司会ぶりが印象に残りました。
日本語準備スピーチは宴会担当のOさん。めずらしく遅刻しての参加でしたが初スピーチながら堂々とした話し方でベストスピーチ賞を受賞されました。
Oさんの論評は今期書記のYさん。的確な論評でベスト論評賞を受賞されました。

今夜の新宿はIYさん。高校生の時に初めて新宿に来た体験を語られました。

テーブルトピックス司会はTさん。時事ネタを織り込みながら例会を盛り上げてくれました。
ベストテーブルトピックス賞はWさんが受賞されました。

英語セッションの準備スピーチはSさんと江戸TMCのKさん。
Sさんは初スピーチとは思えない自信に満ちたスピーチで、初めての外国との出会いと別れをユーモアたっぷりに語られました。タイムオーバーが残念でした。
Kさんは苦手を克服するより得意を伸ばそう!という実体験に基づいたスピーチをされました。テクニカルライティング力を生かして特許業界に転職したという実体験が説得力でした。
Sさんの論評はTさん。Kさんの論評はKWさんでした。いずれもスピーカーの良かった点に触れながら、改善点もしっかり指摘する論評でした。

この日も充実した例会を行うことが出来ました。ご参加の皆様ありがとうございました。

以上総合論評のHでした。




第213回例会

2019/08/12 15:33 に Admin SBTMC が投稿

■2019年8月1日@角筈地域センター7F 会議室A
■参加者数:17名(会員9名、ゲスト8名)
■表彰 
 ・ベストスピーチ賞:CBさん
 ・ベストテーブルトピックス賞:Oさん
 ・ベスト論評賞:OMさん


本日は嬉しいことにゲストの方が8名も参加してくださり、適度な緊張感のなか例会がスタートしました。早速、TMOEのIさんがGood&Newで参加者の緊張感を和らげるファインプレー!

■今夜のトーストマスターTMOE(例会の司会進行):Iさん
今日は例会直前まで役割の変更があり少しハラハラしましたが、TMOEを経験することで不測の事態に対応する練習もできちゃいます!!終始笑顔を絶やさない例会進行でTMOEの役割を果たして頂きました。

■今夜の言葉(スピーチや論評のなかで出来るだけ使用するワード):CBさん
今日は本当に暑かったです、『hot / あつい』が今夜の言葉でした。

■準備スピーチ&論評セッション
Today’s prepared speeches were (2) in English and (1) in Japanese.
TM S delivered inspiring speech! At the beginning, he asked “Did the Edokko really keep no money over night?” He suggested us to remember three good things that happened today at the end of the day. That positive thinking makes us to be happier even if we have some problems.

And second prepared speech was ice break speech by TM S. She would like to introduce herself at this ice break speech. But that made her realized something. She found out that she didn’t know about herself….She succeeded very well as the 1st speech in Shinjuku BTMC. 

三人目のスピーカーはTM CBさん、ACマニュアルのプロフェッショナルセールスプレゼン。セールスプレゼンに重要な3つの要素『内容・構成・デリバリー』について、聴衆を巻き込みながらのミニワークショップのようなスピーチでした。

At the evaluation session, TM O evaluated TM S based on his speech objective which was vocal variety. He gave detail feedback about volume, speed, tone and posing.
And TM CB evaluated TM S based on her speech objective as ice break speech. She found out that TM S already had good natural delivery, relaxing attitude and clear structure.

急遽、ゲスト参加のTM YさんにCBさんの論評をして頂きました。プレゼンをプレゼンターと聴衆の間にあるパイプに流れる水に例えた点がイメージしやすく良かった。インタラクティブなスタイルが聴衆を効果的に引き込んでいたという点について論評されました。

■テーブルトピックスマスター(お題に答える即興スピーチ):Aさん
テーブルトピックスセッションではゲスト参加のTM Aさんから、お題が4問出されました。
・お題1『新宿の好きなところ』:回答者Aさん
新宿はご自宅から徒歩圏にあり便利。特に西口は雨の日は地下道で移動でき、晴れの日は地上のお気に入りルートを散策しがてらランチを楽しめる点が新宿のいいところ。
・お題2『新しいチャレンジ』:回答者Mさん(ゲスト)
逆立ちをするヨガにチャレンジしているMさん、逆立ち中は何も考えないのでマインドフルネスのような心境になり更に筋力アップも。
・お題3『ずっと続けている事』:回答者Oさん
会社から支給されたスマートデバイスで健康管理を続けているO元さん。毎日一万歩を目標にしているそうです。
・お題4『夏休みの予定』:回答者Wさん(ゲスト)
ご夫婦でアメリカ南部への旅行を計画中、“風と共に去りぬ”のプランテーションを巡るバスツアーに参加したいが、料金がアトランタから350USDとか。
ゲストの方々にもご参加頂き新鮮なテーブルトピックスでした、皆さんタイムオーバーなく見事なスピーチでした。

■今夜の新宿(新宿をテーマにしたショートスピーチ):CBさん
 2011.3.11新宿のデパートで友人の誕生日プレゼントを探していた時に地震に遭遇。非常事態にも拘わらず、店員さんの温かい気遣いを体験したCBさん。仕事に対する誇りや覚悟を感じ、ご自身の仕事に対する向き合い方にも影響を与えた出来事となった。

ゲスト参加の皆さんからは笑いカウンタが好評だったり、例会に参加して新たな気づきや刺激をもらったとの嬉しい感想も頂きました。会場の時計が進んでいるというハプニングもありましたが、プログラムは予定時刻どおりに終了しました。
終了後は職場が近いというOさんの誘導にて、皆さんスピーチで渇いた喉を潤しに夜の街へ消えて行きました。

次回例会は8/15@四谷地域センターです、飛び入り参加も大歓迎です!!
Meeting reporter : K




第212回例会

2019/07/25 18:08 に Admin SBTMC が投稿

第212回例会はハプニングから始まりました。
まさかの会長、役割、スピーカーの遅刻。

しかし、その日のTMOEであるKさんはプログラムを組み替え、柔軟な対応をしておりました。
平日クラブはどうしても仕事で都合がかわる場合があるので柔軟な対応ができることは大事です。

入会式がありました。
入会者は、なんと、9年間アメリカに住んでおり、英語がネイティブレベルのSさん。

最初のスピーチは前会長Hさんの「Weakness」です。
内容は自分の弱点のprocrastinationとmulti tasking を克服し、single task をやり、目標をかなえるという内容でした。

次のスピーチはWさんの日本語のスピーチ、「CGのススメ」
CGというのはギター等例えるとコードの音程のことで、リーダーのスピーチはCとGが理想だということ。
なんと、安部首相や前会長Hさん、そして今期会長Iのスピーチの言葉を音程で表しておりました。
私の声をこっそり撮って診断されていたようなのですが、気づきませんでした..。
そんなWさんの理想のリーダー像を描くスピーチでした。

テーブルトピックのお題は、今期会員担当副会長のIさんが出してくれました。
なんと、ご自身などの今の現状をもとにお題を出されていました。
睡眠、モバイル決済、夏なのに涼しい気温など。

今夜の新宿は、前回入会されたOさん。
ちなみに今夜の新宿は新宿BTMC独自のコーナーで、新宿をテーマに3分ほどスピーチをします。
内容は三井ビルは西新宿の高層ビル内の中で最も耐震技術が優れており、強度を自分が何人分だという、斬新な表現方法で
面白かったです。新人とは思えないほどユーモアがあるスピーチでした。

最後のスピーチは今回ディストリクトディレクターのOさん。
「No One Needs To Die For Your Seech」というタイトルで、Oさんなりのスピーチのスタイルや大切にしていることを豊富なボディーランゲージとボーカルバラエティーでスピーチしてくれました。

今回はスピーチ、プログラム、タイムマネジメントもレベルの高い例会でした。
最近入ってくる新人もレベルが高く、驚いている会長Iです。





第211回例会

2019/07/21 5:43 に Admin SBTMC が投稿

新宿バイリンガル第211回例会が、久々の新宿文化センターで行われました。
まずは何と言っても驚きの、ゲストさんの数が9名!
そして今日はOさんの入会式も行われます。
最近の新宿は会員もどんどん増えて、勢いがあります。

さて本日は今期最初の例会という事で、新会長のIさんによる開会の挨拶。
Iさんは英語が苦手と言っていましたが、頑張って少しだけ英語を入れてきました。
私も入会の際に、「英語全く話せません」と断ってから入会しました。
無理せずマイペースで進められるのもまた、新宿の良いところですね。

Now, we’ll move on to the English session.
Today’s Toastmaster of the Evening was W-san.
He had been Vice President of Education for one year for us.
He was conducting the meeting smoothly as an experienced Toastmaster.

Let’s move to the Prepared Speech session!
And the first speaker was H-san.
His speech project was “The Oratorical Speech”from the Advanced manual of “Interpretative Reading”.
And he gave the famous speech made by Steve Jobs at Stanford university in 2005 in his own interpretation.

Then we’re going to have an exciting session called Table Topics, impromptu speech session.
T-san gave three questions about Summer, and three out of us gave wonderful speeches answering the topics.

Then we'll move on to Evaluation session in which some members give feedbacks to each speaker.
And O-san gave him some commendation and recommendation specifically, hoping his speech better.

Before moving on, let’s have a small break!

そして後半は、日本語のセッションに移りましょう。
まずは新宿オリジナルのコーナー、「今夜の新宿」です。
本日の担当は新会長のIさん。
なんと今夜の話題は、事故物件でした。
新宿には所謂ラブホテル街がありますが、その辺りは特に多いのだとか。
大島てる片手に、旦那様と二人でラブホ街を歩いたのだそうです。
なんのこっちゃ!

そして本日の日本語準備スピーチは、二人のスピーカーでした。
最初のスピーカーは、Kさんによる、「基本を習得する」スピーチ、
Kさんの好きなスポーツとG20を結び付ける興味深い話でした。

本日3人目のスピーカーは、Yさんでした。
Yさんのスピーチ目標は、「自分のスタイルを学ぶ」。
そしてスピーチタイトルは「Team building」。
トーストマスターズは、スピーチや論評、例会の進行を通じて、自然にリーダーシップを学ぶ場所です。
そんな目的にピッタリのスピーチでした。

そしてすぐに論評のセッションに移行します。
新宿ではスピーチの後すぐに論評ということも多々あります。
しかしだからこそ、論評力が鍛えられる面もあるのです。

そして二人のスピーカーに対して二人の論評者がそれぞれ論評を行いました。
二人とも改善点を具体的に伝えていました。

そして最後に各役割からの報告です。
一つ驚きだったのが、日本語の文法係。
アメリカ人のOさんだったのですが、日本人に共通する言い方に言及していました。
これなら私達日本人もネイティブに対するグラマリアンができますね。

そして私S による総合論評です。
論評者の方には、特に改善点の部分では、マニュアルの目的について言及する事をお勧めしました。
スピーチはマニュアルの課題を達成する事でのみ、劇的に上達します。
そしてスピーカーだけでなく、論評者や会員全体が、共有する事でより理解が深まるからです。
ですから論評の前には、マニュアルを熟読しましょう。

そしてお楽しみの授賞式です。
ベスト・テーブルトピック賞を新会員のOさん、
ベスト・論評賞をOさん
ベスト・スピーカー賞はKさんでした。





第210回例会

2019/06/23 16:56 に sakurafrom360snow が投稿   [ 2019/06/23 17:02 に更新しました ]

210回例会 @角筈地域センター

今回は2018年度最後の例会でした。

会長で本日のTMOEでもあるHさんのGoodNewで会場の雰囲気を温めつつスタート。今日の言葉はSさんによる「crystal-clear(明白な)」、皆さん使ってみてくださいね。

 

最初のスピーチはTさんの「Eddie would go」。ハワイの伝説のサーファーでチャレンジ精神旺盛なEddieさんのお話。スピーチへの引き込み方、テンポが適切という良い点に加え、同じサーファーであるTさんご自身の感想もあればもっと良くなるとのコメントでした(Sさん論評)。

 

2番目のスピーチはIさんの「Something Good to Know」。ガーナ訪問時に体験した、ガーナ特有の「曜日とリンクした名前」のお話。飛行機内の導入部分から始まり、情景描写にライブ感がありとてもイメージしやすく、現地の習慣(名前)を使いながらすんなりと現地の方に溶け込む様子が素敵でした(Yさん論評)。

 

英語の部の総合論評はOさん。ダイナミックなボディランゲージと切れの良い論評で皆さんを頷かせていました。

 

後半、3番目の日本語スピーチ、再登場Oさんの「中学生でも薔薇が書ける方法」。難しい「薔薇」という漢字を書けますか?から始まって、漢字を分解して理解し、独自ストーリーや他人に教えることで記憶定着を図るというお話。外国の方に漢字を教示される意外性、マトを得た覚え方などの良い点に加え、なぜ薔薇なのか、むりやり巫女を回すのか、というツッコミもあり、ユーモア溢れる楽しい論評でした(Iさん論評)。

 

「今夜の新宿」は途中参加のSさん。新宿駅周辺は「大迷宮」であるというインパクトある導入から、出入口が200カ所もある事、そして絶対的・相対的方向感覚で出口を探す事を、即興とは思えない構成で披露してくれました。

 

日本語の総合論評はW。タイムマネーメントを軸にした初の試み。言いたいことを充分に伝えながら、冗長にならず簡潔に工夫されているかをチェックしました。今日の言葉Sさんの音楽挿入、そして笑いカウンターKさんの「アニマル浜口」を使ったcrystal-clear Laughの説明など、効率よく意図を伝えるという意味で印象的でした。

 

そしてお待ちかね、

優勝者表彰:スピーチIさん、論評Iさん、おめでとうございます!

年間表彰:TT、論評はKさん(ダブル受賞!)、スピーチはSさん、新人賞Tさん、最多TMOE W、名誉会員Iさんでした、おめでとうございます!

 

続いて

役員交代式:新役員の面々が登壇し、新会長Iさんが「新宿TMにして良かった!」を新スローガンに、レベルの高い、明るいクラブ、会場の改善などを例示しながら抱負を述べられました。

さらに、ゲストOさんの入会宣言、会長Hさんの皆勤賞など、うれしい追加事項もありました。

 

  全体として、これからの新宿BTMCの発展を予想させるような密度の高いすばらしい例会でした。

 

この1年、参加された会員・ゲストの方、例会を大いに盛り上げていただき、心より感謝致します、ありがとうございました。

 そして7月からのフレッシュな新生 新宿BTMCも、ぜひともよろしくお願いいたします!

 

表彰式

第209回例会

2019/06/07 7:06 に sakurafrom360snow が投稿

■2019年06月06日@角筈地域センター 
今夜の通常例会はゲストが8名と大入り!

例会前にGood&newでアイスブレークしつつ、H会長の開会挨拶で例会が開始されました。

いつもの通り前半が英語、後半が日本語パートで進行します。

 
■今夜のトーストマスター(例会の司会進行)Yさん

海外でのボランティアのお話で場を和ませつつ手慣れた感じで例会を進行していきます。

 

■今夜の言葉(スピーチや論評のなかで出来るだけ使用するワード):Tさん

ゴールデンウィークにご実家に帰った際のツバメとヘビのジョークの効いたエピソード。今夜の言葉となる『repellent』を紹介してくれました。日本語だと『防虫剤』です。

 

■準備スピーチ&論評セッション

本日の準備スピーチは日英で1本づつ。

Sさんで英語スピーチ『No matter what anybody said.』

とても気難しいドイツ人のお友達との過去のエピソードをダイナミックにスピーチしていただきました。



論評はTさん

スピーカーのSさんのスピーチを今夜の裏言葉とも言える、sinjukishという面白い文法で表現して会場を大いに盛り上げます。


そして、プロジェクト目標に即した改善提案も見事でした。



H会長は日本語のスピーチ。

スピーチタイトルは『ジュクのみつばししんや』

さざ波がたつような笑いを巻き起こすユーモアがふんだんに散りばめられた、小説のような創作スピーチ。新宿会長Hさんの真骨頂とも言えるノスタルジックな世界観を堪能させていただきました!

 

論評は来月からクラブ会長となるIさん。

スピーチの世界観が独特だっただけに難しい論評になるかと思いましたが、良かった点3点、改善点2点と鮮やかにまとめあげてましたね。

ほんとお見事です。



■総合論評

英語はHさん、

前回は総合論評ワークショップでしたので、それを生かしたポジティブなレコグニション。そして、次につながるような建設的な改善提案もしっかりとなされていました。さすが熟のトーストマスターHは冴えてます。



日本語は私Iでしたので記載は割愛。

 

■テーブルトピックスマスター(お題に答える即興スピーチ):



前半、英語のテーブルトピックスはMさん

人生における感情の起伏に関するいくつかのお題を3問出題。

会場からの立候補を募って回答者を当てていたのが特徴的でした。そんな中でゲストのSさんがとても堂々とスピーチされていたのには驚きました。



後半、日本語のテーブルトピックスはWさん

オリンピックをテーマにして、新宿No1の軽やかなファシリテーション力で3問出題してくれました。

 

■今夜の新宿

Oさんが新宿という地名の由縁についてスピーチしてくれました。

いままで知らなかったですが、新宿は新新宿だったんですね。良い勉強になりました。





お待ちかねの表彰式。

今夜はスピーチ、論評は全員が時間オーバー。テーブルトピックスも半数が時間オーバーという。。。

そんな中で、見事ベストテーブルトピックスは表彰常連のKさんでした。おめでとうございます‼️

 

今回は、スピーチも論評も時間オーバー者が続出なタイムマネジメントに課題が残る例会となりました。トーストマスターズとして時間管理をしっかりやっていきましょう!

例会前半は10分程度ビハインドではありましたが、TMOEのYさんの鮮やかな巻き返しで、閉会は21:10オンタイムと終わってみればナイスタイムマネジメントが素晴らしいかったです。



次回の例会は6/20(木)。

トーストマスターズクラブにおける一年間の期の最後の例会となり、クラブ役員交代式を予定しております。

引き続き新宿バイリンガルTMCをよろしくお願いします!

第208回報告

2019/05/28 1:17 に sakurafrom360snow が投稿   [ 2019/06/07 7:04 に更新しました ]

5月23日の例会では3つ大きなイベントがありました。

①役員選挙: 

新しい前向きで爽やかなリーダー達が選出されました。

②入会式:  
元気いっぱいのトリリンガル(日英韓)のメンバーが入会されました!
一時はビジネスマン(男性)のみとなった新宿バイリンガルTMCですが、
気がついたらこの半年で、明るい女性メンバーがたくさん入会され例会
も二次会も華やかになりました。

③総合論評ワークショップ:

メンバー同士で話りながら学ぶ機会が多く、チームビルデイングとしても、
とても楽しい例会となりました。
下記、WSのざっくり概要を共有します。

タイトル:

『あぁ!今日も新宿バイリンガルTMCの例会にでてめっちゃよかった!』と
メンバーが感じる例会・そして総合論評について、みんなで考えるワークショップ

内容:

新宿バイリンガルの例会の価値・それをさらにパワーアップするためにできること
&総合論評について考え、意見や考えを共有する

参加型・ゲーム感感覚で2つのチームに分かれ、短い Table Topics大会のように、

メンバーがそれぞれの視点や経験を共有しながら 総合論評について考え、実演し
ながら学びました。

もし、いま、総合論評コンテストがあれば、新宿バイリンガルは優勝できそうです!(笑)

以上

1-10 of 19