TOP



新宿バイリンガルトーストマスターズクラブなら、

「 大勢の人の前で 」

「 自信を持って 」

「 英語でも日本語でも 」

「 堂々とプレゼンテーション 」

できるようになります!


利用者数世界一を誇るターミナル駅新宿。
多文化で、多くの人が行きかう基点の町ともいえる新宿をベースにする、
当クラブの例会に参加するメンバーは年齢も職業も国籍も様々。


新宿バイリンガルトーストマスターズクラブでは、

年齢も、職業も、国籍も
多様なメンバーが一緒に学び互いに、
多様性を尊重し、
文化的違いを認め、
互いを理解しあいながら

共に勉強しています。続けやすい立地と時間帯、価格設定のもと、
コミュニケーション・リーダーシップ能力を楽しく向上することをサポートします。





例会情報


毎月第1、第3木曜日 19:10~21:10 

次回例会情報は、


をご確認ください。




見学申込、お問合わせ


迷っていても、後回しにしても、変わりません。
できる限り早く始める事をお勧めします。


新宿バイリンガルトーストマスターズはゲストを歓迎いたします。
まずは一度、例会をご見学しにきてください。
(不明点や不安なことがあればご質問ください)

Feel free to contact us from here!




最近の活動記録

新宿バイリンガルTMC 例会報告

  • 第192回合同例会 Ice breaker 祭り 詳細は追って更新します!
    投稿: 2018/10/06 15:42、sakurafrom360snow
  • 第191回例会 第191回の例会は初めての会場での開催でした。ひと月前に西早稲田から新宿駅徒歩圏内に使用する会場を戻してから、いろんな会場を試しに使っています。今回はこれまで使ったことがなかったのが不思議なくらいな新宿文化センター。とてもキレイな新宿区の複合文化施設です。最寄り駅は副都心線の東新宿。アクセスは悪くないのですが、うっかり通勤急行に乗ってしまうと池袋まで行ってしまいます。池袋からの折り返しで15分遅れで入場すると、ちょうどグッドアンドニューのセッション中でした。グッドアンドニューは24時間以内にあった新しい事、うれしかった事を30秒くらいで話す例会開始前のアイスブレイクセッションです。当日はゲスト参加者が多かったため、時間が長引き、不幸中の幸いで遅刻した私も例会開始前に間に合いました。私が入った時は、この日入会予定のI田さんがタカマル鮮魚店の話をしていました。よく聞くお店なので、西新宿方面の会場を使うことがあれば行ってみたいですね。https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13100664/さて、この日の例会はサンライズTMCのN坂さんによるPathways説明会がありました。http://district76.org/ja/introduce/sunrise/M浦さんとI田さんの入会式もありましたしプログラムはかなりタイト。そのため準備スピーチはF谷さんの英語スピーチの一本のみです。今回の例会は英語はじまりのため、司会の言葉からすべて英語です。総合司会は教育担当副会長のW辺さんでした。Shinjuku of the Evening(今夜の新宿)はI藤さん。新宿にまつわることなら何でもありの新宿BTMC独自の役割です。今回はまさにここ新宿文化センターを使っていたという大学時代の合唱団のお話でした。縁(えにし)を感じますね。Word of the Evening(今夜の言葉)はクラブサポーターのI田さん。トーストマスターズで英語はやりたくないと明言されていましたが、隙の無い英語で説明されていました。選ばれた言葉は「easypeasy Japanesy」目の付け所が攻めてます。普段使わない単語をスピーチ中に積極的に使いActiveVocaburaryを増やしていこうという趣旨で選ぶはずの言葉ですが、相当な難易度ですね。この言葉もともとイギリスのCMソングが語源ということでした。この記事を書くときにオリジナルのCMをyoutubeで探しましたが、ありませんでした。今なら炎上間違いなしですね!この日唯一のスピーチはF谷さん。タイトルは「ESS Activities」。プロジェクトはResearch and Presentation。ご自身の大学時代のESS活動について話されました。West Side Storyの英語劇をやったお話が映画好きの私には響きました ...
    投稿: 2018/09/24 5:57、Admin SBTMC
  • 第190回例会 例会報告 2018823日@新宿三丁目エスオービルゲイツB会議室 参加者数:8名(会員7名、ゲスト1名)   今夜は190回目の通常例会、新役員が発足してから3回目の通常例会となります。 現在、新宿駅から徒歩圏内の会場を新たに探索中の当クラブ。今回も初めて利用する会場という事もあり、入り口のセキュリティシステムに戸惑ったり、道に迷った方もいましたが例会は定刻通りの開始となりました。初参加のゲスト1名をお迎えし、適度な緊張感のなか進行しました。 ■今夜のトーストマスター:Y氏さん 会社のイベントで実行委員長をされており、本日はイベント前日にもかかわらずスケジュールを調整してTMOEの役割を果たして頂きました。事前に例会後の懇親会会場も手配してくださり、会員へアナウンスされていた点は準備が素晴らしと感じました。 ■今夜の言葉:H本さん 急遽の代役で、『炯眼(けいがん)/discerning eyes』が今夜の言葉でした。 ■今夜の新宿:W辺さん  当時新宿駅南口に会社があり、新入社員代表として初めてスピーチを披露したのも新宿だったというW辺さん。今のような高層ビルもまだない“昭和の新宿”をご自身の体験談と共に語られました。 ■準備スピーチ&論評セッション 本日の準備スピーチは3本でした。 ひとつ目はI藤さんによる夏休みの課題に関するスピーチ。お子さんと一緒に数学的アプローチを駆使し、ルーレットゲームでポイントを効率よく獲得するために試行錯誤をしたお話でした。 ふたつ目は東京オリンピック2020大会に関わるお仕事をされているO津さん、オリンピックの紹介をマスコットキャラクター“ミライトワ”と“ソメイティ”が会話をしながら説明するスピーチをされていました。 最後はトーストマスターズ歴7年のベテランH本さんの初めて読んだ本に関するスピーチ。スピーチ目標のタイムマネジメントを意識した時間どおりのスピーチでした。 論評セッションではこれらのスピーチに対して、各論評者が良かった点や改善点を的確にフィードバックします。I藤さんへの論評(K原さん)、O津さんへの論評(W辺さん)、H本さんへの論評(S本さん)今回もそれぞれのスピーチ目標に視点をおいた論評がなされていました。 ■テーブルトピックスマスター:W辺さん テーブルトピックスでは夏休みに関連したお題が3問出されました。 『夏休みの思い出』:回答者S本さん。 『心に残る食べ物』:回答者Mさん(ゲスト) 『夏休みで失敗したこと』:回答者K原さん 回答者全員、帰省先での思い出やエピソードを披露されタイムオーバーなく、見事なスピーチでした。   ■表彰 ベストスピーチ賞:H ...
    投稿: 2018/09/15 4:58、Tanaka Ishida
1 - 3 / 19 件の投稿を表示中 もっと見る »



 
Copyright © 2010-2012 Shinjuku Bilingual Toastmasters Club. The names 'Toastmasters International', 'Toastmasters' and the Toastmasters Intarnational emblem are trademarks protected in the United States, Canada and other countries where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.