トーストマスターズクラブとは



トーストマスターズとは

トーストマスターズは話し方、パブリックスピーチ、リーダーシップを学ぶ国際的な非営利団体です。
全世界141ヵ国にある16,400 以上のクラブから自分にあったクラブを選び、会員同士が相互に学び、スピーチとリーダーシップスキルを向上させることが目的です。高額なセミナーとは違い、仲間たちと楽しい雰囲気の中、お互いに触発されながら学び合うことができる場を提供しています。2018年3月現在、全世界の総会員数は352,000人以上、日本国内には187のクラブがあり、総会員数は約4,000人以上です。

もっと詳しく知りたい場合は、詳細はトーストマスターズのサイトを参照ください。

トーストマスターズって何?



トーストマスターズで得られること


話し方や英語力の上達だけではありません。 

「入会して得られたことは何ですか?」
と会員の皆さんに聞くと、一例としてよくこのような答えが返ってきます。
他にも人によって、さまざまな学び・収穫があります。

話し方、パブリックスピーキング、コミュニケーション力全般の上達
相手に分かりやすく伝わる話の構成、緊張のコントロールなどは、言語に左右されず活用できる能力ですので、英語でも日本語でも仕事や日常生活に 役立ちます。

「コミュニケーションツールとして」英語を用いる能力
トーストマスターズクラブの英語例会は「英語を教える」クラブではなく、「英語でコミュニケーションする」場です(詳しくは「よくある質問(FAQ)」参照)。 英語を話すのではなく、英語「で」話す、つまり目的ではなく手段として英語を活用する機会を増やすことで、自然と英語をツールとして活用する能力が上達していきます。

人の話を聴く能力の向上
ただ漠然と聞くだけではなく、注意深く聴いてフィードバックを行う場などもあります。また、異なるバックグラウンドを持つ会員の、人生経験に基づくスピーチを聴くことで、「お持ち帰り」もたくさんあります。

自分への自信、ポジティブシンキング
トーストマスターズの大きな特徴は、良い点を見つけあうことによってお互いを「認め合う」経験を持つことです。「こうしなさい、ああしなさい」ではなく、「あなたはこういう能力が優れているから、さらに向上するためにこうしてはどうだろうか」というスタンスです。それによって、自分への自信につながり、物事を前向きに考えやすくなっていきます。

人間関係の向上
話し方の向上はもちろん、上記のような自分への自信UPによって、人見知りが改善し、人と臆することなく会話できるようになります。
また、トーストマスターズでは様々な人と出会う機会がありますので、対人関係スキルを訓練する場にもなります。

普段会えないような、異なるバックグラウンドの人との出会い
職場や家庭では会えないような様々な職業や年齢の人が参加していますので、世界が広がります。

ものごとを考える力の向上
即興スピーチを練習することで瞬発的に考える力を磨き、スピーチを自ら書いて組み立てる経験をすることで、論理的に考える力を養います。

タイムマネジメント(時間管理)スキル
トーストマスターズは時間をとても大切にします。例会は時間どおりに始まり、会の運営は時間どおりに行われ、すべてのスピーチも時間制限を設けています。時間内に簡潔に話す練習をしたり、時間どおりに会の進行を行う練習をすることで、日常の時間管理にも寄与します。

組織運営の機会
トーストマスターズは非営利団体ですので、会やイベントの運営もすべてボランティアで行われます。そのような機会にかかわることで、組織運営の基本が学べます。

楽しみ
トーストマスターズの創立理念の一つに、"We learn best in moments of enjoyment"(最も学びが大きいのは、楽しく学ぶ時)があります。例会でも「楽しさ」の要素をたくさん取り入れているほか、パーティーやコンテストなどの任意参加のイベントなどを通しても、楽しみながら学ぶことができます。
 
「本当?」「信じられない」と思われた方も、「やってみたい」と思われた方も、
まずは一度ご見学されてみてはいかがでしょうか?  百聞は一見に如かず、です!



メディアでの紹介

トーストマスターズクラブは近年、日本でも数々の書籍・メディアで紹介されています。

書籍
トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦(1) ブランド人になれ! (トム・ピーターズ)

新聞記事
日本経済新聞(1999年6月23日 「あすへの話題」 キッコーマン社長(当時)・茂木友三郎)
ザ・デイリー読売 (2006年5月25日、2005年5月27日、2003年5月26日)
週刊ST(2007年8月10日号 「目指すのは優勝よりも人生とスピーチの一致」)

雑誌記事
日経ビジネスAssocie (2010年3月16日 「やり直し「英語」勉強術」)
AERA (2004年4月1日 「トーストマスターズクラブって何だ?」)
日経ビジネスAssocie (2003年5月8日 「クラブに所属し、英語のスピーチ術習得」)

その他、地方紙などでも多数紹介されています。