当クラブについて

クラブ情報

当クラブは、2010年9月に第1回例会を開催したバイリンガル(日本語・英語)のトーストマスターズクラブです。
新宿駅という利用者数世界一を誇るターミナル駅から徒歩圏内という続けやすい立地と時間帯のもと、新宿およびその近郊に在勤・在住のビジネスパーソンを主な対象として設立されました。新宿バイリンガルトーストマスターズクラブは、非営利のToastmasters Internationalの理念に基づき、コミュニケーション・リーダーシップ能力を楽しく向上することをサポートします。



【名称】 新宿バイリンガルトーストマスターズクラブ
【設立】 2010年9月
【使用言語】 日本語/英語
【会員数】 約20名(2018現在)/ 男女比3:1
【例会スケジュール】 毎月第1・第3木曜日 19:10~21:10
【例会場所】新宿駅徒歩圏内会場



新宿バイリンガルトーストマスターズクラブの特徴


1. 初の新宿駅徒歩圏内のクラブです。 
新宿駅の一日平均乗降者数は346万人と世界一(ギネス世界記録認定)多い駅です。ところが今までは公共施設の不足により、新宿駅徒歩圏内のトーストマスターズクラブはほぼ皆無の状態でした。新宿バイリンガルトーストマスターズクラブでは民間会場の有効活用によってこれを実現。  「電車に乗って通うのでは仕事から間に合わない」「仕事の合間を抜け出して参加できるクラブがあれば」という忙しいビジネスパーソンのニーズに応えます。 さらに、日英1時間ずつ、2部構成の例会のため、どうしても時間がない時は前半または後半の1時間だけ参加することもできます。

2. 日本語・英語ほぼ半々のウェイトで学ぶことができます。 
最近設立されたバイリンガルクラブは、英語初心者向けで中上級者のニーズに応えられなかったり、若しくは逆に英語が相当できる人でないと参加しづらいパターンが多くありました。 
新宿バイリンガルクラブは、日本語・英語の両方を同じウェイトに置き、「母国語でも外国語でもスピーチ練習をやってみたい」という意欲ある方のニーズの受け皿となれるようなクラブとなっております。

3. 先生がいるのではなく、会員同士がお互いのスピーチのフィードバックを行うことで学べます。
非営利団体のため会費も必要経費のみとなっており、続けやすいのが特徴です。

4. 何よりも、楽しく学ぶことを大切にしています♪ 
例会後の懇親会(任意参加)など、会員同士がお互いを知る機会も多くありますので、スピーチを学ぶだけでなく、仕事、年齢などを超えた仲間を作ったり、イベントなどを一緒に運営することで、社会人として必要なリーダーシップ力を同時に養うことができます!



当クラブの設立コンセプト

新宿バイリンガルトーストマスターズクラブの設立コンセプトは、"EMBRACE Change"です。"Change"ではありません。 ”EMBRACE"のほうが実は重要です。

街を歩けば、あるいはニュースを見れば「Change」という文字が躍っていた時代から久しく経ちました。しかし、当クラブ発起人が海外からのマネージャー・リーダークラスの方に話を伺った経験から申し上げますと、「Change」ではなく、この「Embrace Change」という言葉を発する方が実に多いのです。
"Embrace"という単語には、「包容・抱擁・受け入れる」という意味があります。とはいえ、無条件に受け入れる、という意味ではありません。日本語ではなかなか訳しにくい言葉ではありますが、敢えて言うならば「変化を毛嫌いするのではなく、自然のこととして捉え、主体的に自分のものにする」ということでしょうか。

たくさんのトーストマスターズ会員が、トーストマスターズを始めてから「自分が良い方向に変わった!」という経験をしています。 そのような変化を、「あり得ない!」「自分ではない」と思うのではなく、自然のものとして包容し、実生活に活かして行けたら、どれだけトーストマスターズの学びは価値の高いものとなるでしょうか。

また、「英語で仕事なんて無理」「人前で話すなんて信じられない」と思っていても、1年後にはどんな機会がやってくるかわからない今のビジネス環境。「こんなことできない!」と思う前に、トーストマスターズが一助になれたら・・・と思う次第です。

変化する街、新宿でのトーストマスターズ活動を通じて、"EMBRACE Change"、変化を包容し、楽しんでみませんか?