TOP



新宿バイリンガルトーストマスターズクラブなら、

「 大勢の人の前で 」

「 自信を持って 」

「 英語でも日本語でも 」

「 堂々とプレゼンテーション 」

できるようになります!


利用者数世界一を誇るターミナル駅新宿。
多文化で、多くの人が行きかう基点の町ともいえる新宿をベースにする、
当クラブの例会に参加するメンバーは年齢も職業も国籍も様々。


新宿バイリンガルトーストマスターズクラブでは、

年齢も、職業も、国籍も
多様なメンバーが一緒に学び互いに、
多様性を尊重し、
文化的違いを認め、
互いを理解しあいながら

共に勉強しています。非営利団体として新宿に集う様々な人々の
コミュニケーション・リーダーシップ能力を楽しく向上することをサポートします。





例会情報


毎月第1、第3木曜日 19:10~21:10 

次回例会情報は、


をご確認ください。




見学申込、お問合わせ


迷っていても、後回しにしても、変わりません。
できる限り早く始める事をお勧めします。


新宿バイリンガルトーストマスターズはゲストを歓迎いたします。
まずは一度、例会をご見学しにきてください。
(不明点や不安なことがあればご質問ください)

Feel free to contact us from here!




最近の活動記録

新宿バイリンガルTMC 例会報告

  • 第215会例会 暑い暑い8月の夏休みシーズンも終わり、残暑の中、角筈地域センターで9月1週目の例会を開催致しました。会員へのアンケートの結果、今後は角筈地域センターをホームグラウンドとして活動を行っていく予定です。新宿駅西口から徒歩15分程、都庁前駅・初台駅から徒歩10分程と、新宿のクラブを謳う我々にとってふさわしい好立地です!今回の「Word of Evening(今夜の言葉)」は私が選んだ「Withdraw(撤回する)」でした。昨今の香港でのデモ行進のニュースからヒントを得ました。私も香港に知り合いが結構いるので、かの地での動静が心配です。役割紹介の後はメインの準備スピーチ。トップバッターはKHさんの「Motivated Brain」。やる気を上げるにはどうしたらよいかというトピックでした。最初はトーストマスターズにありがちな自己啓発チックな精神論・スピリチュアルな話かと思いきや、「自分のキャパシティの50%程度に仕事量を抑える」や「新しく学ぶ事とルーティンワークのバランスを取る」等、Kさんのリサーチと御自身の経験に基づいた科学的な内容でした。すぐに準備スピーチへの論評。本日再入会されたKNさんにお願い致しました。プログラムの不備で準備スピーチ直後の論評でしたが(しかも英語)、そこは江戸トーストマスターズ会長のKNさん、適格で客観的な論評でした。小休憩を挟んで日本語セッションに入りました。日本語準備スピーチは我らが会長IKさんによる「好き、嫌い」。大学時代の恋愛とバイトという甘酸っぱい思い出のお話でした。「態度だけではなく言葉でないと相手に伝わらない」、IKさん得意のジェスチャーを交えての臨場感あふれるスピーチでした。続いてSYさんが「効果的なプレゼンテーション」という、スピーチだけでなく質疑応答も含めた20分程度のプログラムを行いました。「失敗を敢えてする」「主導権を握る」「目標を一つ先に置く」…等、色々メモすべきアドバイスが出てきましたが、一番心に残ったのは「事前の準備」。確かに事前の準備を入念にしておくと肝心のプレゼンを落ち着いて行えますよね。例えば今回使用されたプロジェクターは超短焦点の高性能なものでしたが一般的なものではなかったので、例会前に設置を色々試しておられたのが良かったと思います。次はSさんがファシリテーターとして即興テーブルトピックを行いました。Sさんは会社で色々トラブルがあったそうで遅れての例会参加。「準備してないのですが…」との事ですが、「仕事での失敗」というお題→Oさん「出張先で社用携帯を落とす」→「旅先での失敗」→Sさん「インドでの腹痛&トイレのトラブル」→「海外の文化の違いを思い知った経験」→IKさん「中国でのトイレ」…と前の方のスピーチを受けて次のトピックのネタを見つけるのはさすがでした。IKさんに対するHさんの論評、プロジェクト目標に沿った適格な論評でした ...
    投稿: 、Admin SBTMC
  • 第214会例会 第214回例会は四谷地域センターで開催されました。今期に入ってから初めての日本語セッションを前半、英語セッションを後半という構成です。総合司会は今期会員担当のMさん。時間を無駄にしない緻密な司会ぶりが印象に残りました。日本語準備スピーチは宴会担当のOさん。めずらしく遅刻しての参加でしたが初スピーチながら堂々とした話し方でベストスピーチ賞を受賞されました。Oさんの論評は今期書記のYさん。的確な論評でベスト論評賞を受賞されました。今夜の新宿はIYさん。高校生の時に初めて新宿に来た体験を語られました。テーブルトピックス司会はTさん。時事ネタを織り込みながら例会を盛り上げてくれました。ベストテーブルトピックス賞はWさんが受賞されました。英語セッションの準備スピーチはSさんと江戸TMCのKさん。Sさんは初スピーチとは思えない自信に満ちたスピーチで、初めての外国との出会いと別れをユーモアたっぷりに語られました。タイムオーバーが残念でした。Kさんは苦手を克服するより得意を伸ばそう!という実体験に基づいたスピーチをされました。テクニカルライティング力を生かして特許業界に転職したという実体験が説得力でした。Sさんの論評はTさん。Kさんの論評はKWさんでした。いずれもスピーカーの良かった点に触れながら、改善点もしっかり指摘する論評でした。この日も充実した例会を行うことが出来ました。ご参加の皆様ありがとうございました。以上総合論評のHでした。
    投稿: 2019/08/20 6:08、Admin SBTMC
  • 第213回例会 ■2019年8月1日@角筈地域センター7F 会議室A■参加者数:17名(会員9名、ゲスト8名)■表彰  ・ベストスピーチ賞:CBさん ・ベストテーブルトピックス賞:Oさん ・ベスト論評賞:OMさん本日は嬉しいことにゲストの方が8名も参加してくださり、適度な緊張感のなか例会がスタートしました。早速、TMOEのIさんがGood&Newで参加者の緊張感を和らげるファインプレー!■今夜のトーストマスターTMOE(例会の司会進行):Iさん今日は例会直前まで役割の変更があり少しハラハラしましたが、TMOEを経験することで不測の事態に対応する練習もできちゃいます!!終始笑顔を絶やさない例会進行でTMOEの役割を果たして頂きました。■今夜の言葉(スピーチや論評のなかで出来るだけ使用するワード):CBさん今日は本当に暑かったです、『hot / あつい』が今夜の言葉でした。■準備スピーチ&論評セッションToday’s prepared speeches were (2) in English and (1) in Japanese.TM S delivered inspiring speech! At the beginning, he asked “Did the Edokko really keep no money over night?” He suggested us to remember three good things that happened today at the end of the day. That positive thinking makes us to be happier even if we have some problems.And second prepared speech was ice break speech by TM S. She would like to introduce herself at this ice break speech. But that ...
    投稿: 2019/08/12 15:33、Admin SBTMC
1 - 3 / 17 件の投稿を表示中 もっと見る »



 
Copyright © 2010-2012 Shinjuku Bilingual Toastmasters Club. The names 'Toastmasters International', 'Toastmasters' and the Toastmasters Intarnational emblem are trademarks protected in the United States, Canada and other countries where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.