TOP



新宿バイリンガルトーストマスターズクラブなら、

「 大勢の人の前で 」

「 自信を持って 」

「 英語でも日本語でも 」

「 堂々とプレゼンテーション 」

できるようになります!


利用者数世界一を誇るターミナル駅新宿。
多文化で、多くの人が行きかう基点の町ともいえる新宿をベースにする、
当クラブの例会に参加するメンバーは年齢も職業も国籍も様々。


新宿バイリンガルトーストマスターズクラブでは、

年齢も、職業も、国籍も
多様なメンバーが一緒に学び互いに、
多様性を尊重し、
文化的違いを認め、
互いを理解しあいながら

共に勉強しています。非営利団体として新宿に集う様々な人々の
コミュニケーション・リーダーシップ能力を楽しく向上することをサポートします。





例会情報


毎月第1、第3木曜日 19:10~21:10 

次回例会情報は、


をご確認ください。




見学申込、お問合わせ


迷っていても、後回しにしても、変わりません。
できる限り早く始める事をお勧めします。


新宿バイリンガルトーストマスターズはゲストを歓迎いたします。
まずは一度、例会をご見学しにきてください。
(不明点や不安なことがあればご質問ください)

Feel free to contact us from here!




最近の活動記録

新宿バイリンガルTMC 例会報告

  • 第197回例会報告 ■2018年12月6日@四谷地域センター集会室3新宿バイリンガルクラブの例会に久しぶりに参加し、この第197例会で私がみつけた新宿バイリンガルクラブの大きな魅力を2つ、お伝えしたいと思います。魅力、その1: 誠実で温かい雰囲気~安心して学べる場所みなが誠実に、お互いを尊重しながら、まじめにロールを全うしている様子がとても印象的でした。 ここでなら、緊張しやすい自分も安心して挑戦したり失敗できると感じました。 (苦手なスピーチも、うまく話せない英語も、ここでならおもいきり挑戦できる雰囲気があった)またホームページに掲載する情報なども、参加者の意向をきちんと尊重・配慮してくださっているので、まじめに、真剣に学ぶ、ということを大切にしてくれるクラブだと感じました。魅力、その2:ユーモアを大切にしているこのクラブの特徴として、2つのユニークなロールがあります。【Laughter Counter】といって笑いの数を数える人、がいたり、【今日の新宿】といって クラブ名(会場のロケーション)にちなんだ新宿についてのミニスピーチがあります。 【今日の新宿】では 『凪』という美味しいラーメン屋さんについての話を面白く聞くこととができ、このまま例会にでていくと、新宿の魅力をさまざまな角度からみつけられそうです。また、【Laughter Counter】さんが、自分がとった笑いの数を数えてくださるので、ユーモアを鍛えることにもとても有効だと思いました。***            ***            ***便利で心地よく、新宿御苑からたった2分の立派な会場は、方向音痴の私でも迷わないくらいわかりやすく、アクセスしやすかったのも、魅力の1つかもしれません。今日の例会で私が感じたこのクラブの特徴は、トーストマスターで学んでみたい、でもなんだか敷居がたかい、という方が第一歩を踏み出しやすいクラブ、複雑な人間関係がちょっとしんどいな、と考える人が安心して学べる大人のクラブ、ということでした。素敵な例会をありがとうございました。K
    投稿: 2018/12/14 8:35、Couichi Hashimoto
  • 第196回例会 20181115日@角筈地域センター7F 会議室B ■表彰 ベストスピーチ賞:Hさん ベストテーブルトピックス賞:Mさん ベスト論評賞:Iさん   当クラブの例会も196回目を迎え、いよいよ区切りの200回までカウントダウンもあと僅かとなりました。200回例会では何が起きるのか?はたまた起きないのか?今からとても楽しみです。 ■今夜のトーストマスター(例会の司会進行):Yさん 冒頭の挨拶で『もうじき忘年会シーズン、何かと出費が嵩む年末、でも新しいスキーブーツを買いたい、・・・・・。』はなしの落ちを忘れてもそれを咄嗟に笑いに変えるアドリブ。終始笑顔を絶やさない例会進行でTMOEの役割を果たして頂きました。 ■今夜の言葉(スピーチや論評のなかで出来るだけ使用するワード):Kさん まるで当クラブを表しているかのような『cozy / アットホームな』が今夜の言葉でした。 ■準備スピーチ&論評セッション 本日の準備スピーチは3本でした。 ひとつ目はN川さんによる英語スピーチ。オープングのドーナッツの穴の由来からはじまり、最後のメッセージから再びドーナッツの穴の話に繋がるというシームレスなドーナッツを表しているような構成が印象的でした。 ふたつ目は“やまのてトーストマスターズ”からゲスト参加して頂いたH林さんによる英語スピーチ。ダイエットのbefore-afterの広告モデルのお仕事について、ご自身の経験を基にその努力と裏側をユーモアたっぷりにスピーチされていました。(Hさん、とても楽しいスピーチありがとうございます。) 最後は先日海外出張から戻ってきたIさんの英語スピーチかと思いきや、日本語スピーチ。その出張先で利用したUberに関するお話、大幅なタイムオーバーが残念でしたがしっかりとスピーチ目標を意識したテーマ選択と構成だったと思います。 論評セッションではこれらのスピーチに対して、各論評者が良かった点や改善点を的確にフィードバックします。Nさんへの論評はFさん、Hさんへの論評はH2さん、Iさんへの論はI2さん。皆さんそれぞれのスピーチ目標に視点をおいた論評がなされていました。 ■今夜の新宿(新宿をテーマにしたショートスピーチ):Kさん  新宿西口の北側に位置する“思い出横丁”。会社の先輩に連れて行ってもらったのがきっかけでした。世界No1のターミナル駅の駅前という立地にもかかわらず、昭和のニオイが残っていてどこか懐かしい思い出横丁についてのスピーチでした。   ■テーブルトピックスマスター(お題に答える即興スピーチ):Wさん テーブルトピックスセッションでは食品会社に勤務しているWさんから、食べ物に関連したお題が3問出されました。 『果物にまつわること』:回答者Mさん、『鍋』:回答者Tさん、『アットホームな食べ物 or ...
    投稿: 2018/12/14 8:41、Couichi Hashimoto
  • 第195回例会 第195回例会は11月1日、ハロウィーンも終わり、ある意味本番の万聖節の夜、新宿文化センター第4会議室で開催されました。 例会の出席者は12名。例会開始5分前に出席予定者全員が揃ったのでアイスブレイカーセッション「Good and New」を行いました。「Good and New」は24時間以内にあった新しい出来事、ハッピーな出来事を30秒程度で発表する口慣らしのセッションです。トップバッターのTさんの言葉、「Good and New」に参加するようになって毎日日記に新しい事、ハッピーな事をメモするようになったという言葉が印象に残りました。真似したい習慣です。こういうことは日々心がけていないとなかなかパッと思い浮かばびませんね。この日の例会は英語スピーチ2本、日本語スピーチ1本でした。総合司会は教育担当副会長のWさん。この日は後半に入会式を控えていたこともあり、サクサクと進行してくださいました。Word of the EveningはNさん「Eloquent / 口賢かしい」でした。「雄弁な」という訳語が当てられることの多い言葉ですが、あえて普段使わない「口賢しい」を選択されました。普段使わない言葉を積極的に使う、というWord of the Eveningの趣旨から見て正しい選択です。「小賢しい」のようにネガティブな語感があるのかと思いましたが、そういうニュアンスは無いようです。皆さんかなり積極的に使われていました。英語スピーチ一人目はMさん、11月の半ばにはアメリカに立たれるということでこの日が最後の参加でした。タイトルは前回と同じ"What is acupuncture"でしたが内容をガラリと変えて、渡印して体験したヴィパッサナー瞑想の合宿について話されました。就寝中に体が勝手に動き出したという体験談に人間の無意識の不思議さを感じました。英語スピーチ二人目はSさん。タイトルは"Jump against the head wind”、逆風に向かってジャンプしろ!というSさんらしいポジティブなメッセージにあふれたスピーチでした。プロジェクターを使ったギャグを積極的に取り入れていて英語の苦手なメンバーにもアピールするスピーチにされていました。1分間のコメントタイムの後、論評セッションに突入。論評セッション司会はTさんです。Mさんの論評は私Hでした。ストーリー自体が興味深いかったこと、言い換えやメタファーで内容が伝わりやすかったことを良かった点、改善点としてタイトルと内容が少しかけ離れていた点を指摘させていただきました。S本さんの論評はNさんでした。メモを残していなかったので曖昧な記述になってしまいますが、非常に的確な論評をされていました。極めて短い持ち時間で完成度の高い英語論評をまとめられていたのが素晴らしいです。スピーチの論評を3分弱で準備するのは容易ではありません。ましてや英語で。英語総合論評はTさんでした ...
    投稿: 2018/12/14 9:52、Couichi Hashimoto
1 - 3 / 24 件の投稿を表示中 もっと見る »



 
Copyright © 2010-2012 Shinjuku Bilingual Toastmasters Club. The names 'Toastmasters International', 'Toastmasters' and the Toastmasters Intarnational emblem are trademarks protected in the United States, Canada and other countries where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.